稲田登戸界隈

川崎市多摩区周辺の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

登戸土地区画整理事業 2009夏 川崎市多摩区登戸2082

今回は当ブログの原点に戻り、記録に徹し写真の羅列です。

向ヶ丘遊園駅近く。正面はサンクス向ヶ丘遊園北口店。
noborito090725.jpg

行き止まり、ってもんは最近の日本のよう。
noborito090725 (1)

イタリアンレストラン「リストランテガット」 があると思えば、
noborito090725 (2)

古いアパートがあったり、混沌とした感じは登戸らしい。
noborito090725 (3)

川崎市多摩区登戸1923付近
下水道敷設中。暑い中お疲れさまです。昭和38年当時はやはりこの一帯は田んぼで、この道は農道です。
noborito090725 (4)

デーンと土管待機中。
noborito090725 (5)

新しい道の両側には家がどんどん建つ。
noborito090725 (6)

反対側から。正面は居酒屋山小屋 川崎市多摩区登戸1703周辺
noborito090725 (7)

もうすぐ廃道となる旧津久井道。柵の向こう側の家の前が新道になります。ヤング理容店の近くに、新道への付け替え工事の看板が立ちました。江戸時代から大山、冨士講等で多くの人が通った道が、もうすぐ消えていこうとしています。
noborito090725 (8)

正面は日本経済新聞 向ヶ丘遊園専売所 川崎市多摩区登戸1699
かつては家々はこの道側に玄関を向けていましたが、新しい家は皆裏窓ですね。
さみしそうな旧津久井道です。
noborito090725 (9)

コナカに続く細い道。両側には家々があったのだが、今は完全な野原。コナカになる前は、紳士服の一色でした。新入社員の頃ここで紺、グレー、チャコールのスーツを揃えました。
noborito090725 (10)

振り返ってみれば、何にも無いよ。
noborito090725 (11)

二ヶ領用水へ出て。
noborito090725 (12)

撮影日 2009年7月25日





  1. 2009/07/31(金) 22:56:22|
  2. 川崎市多摩区登戸
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:7

ダイエー向ヶ丘店の屋上から 川崎市多摩区登戸2789

ダイエー向ヶ丘店3階のラオックスが5月に閉店してから2ヶ月、まだ次の店が入っていないので、
nobi20090704-0418laox.jpg

なんとなくガラーンとした感じの3階売り場から屋上駐車場に出てみました。
nob20090704_01.jpg

ライフがある中和ビルの一階にはかつては第一家庭電器、その隣には溝の口が本店の家電安売りハイマート向ヶ丘店なぞありました。その2店が無くなった頃、ヤマダやノジマ、PCデポなど郊外店が宮前区あたりに続々と来ました。しかしそれらの店に行くには車が必要であり、ラオックスが無くなった今、徒歩や自転車で気軽に家電が買えなくなってしまったのは少々不便です。
nob20090704_02.jpg

今更ながら気がつくのは、山に囲まれた土地ですね。
nob20090704_03.jpg


nob20090704_04.jpg

nob20090704_05.jpg

撮影日 2009年7月4日
  1. 2009/07/12(日) 23:27:23|
  2. 川崎市多摩区登戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

生姜焼き定食700エン 川崎市多摩区登戸1820

連休初日、実にさわやかな日でしたが私はドロドロと汗をかいていました。どこかで腰掛けて冷たいものをと思ったのですが、最近は年のせいかバーガーチェーンなどで落ち着けず、居心地のよい店を探して街を彷徨うことになります。
noborito090429000.jpg

ドアーが開け放してあって、いかにも入ってくださいと言っているようです。生姜焼き定食700エン~でふらふら~と誘い込まれます。
noborito090429001.jpg

「パブレストラン55」
不動産屋さんの登戸探検隊のひでちゃんが昨年紹介しているお店です。
http://fudousanya-hidechan.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_986b.html
マスターの笑顔に迎えられ、冷たいアイスコーヒとランチでリラークスしました。あーうまかった。開け放したドアから冷たい風が吹き込んでとても気持ちがよく、食後はビールが飲みたくなってしまったけれど我慢です。向かいは多摩区民館、今日は昭和の日。
noborito090429002.jpg

ペコちゃんのお店が隣にあります。不二家騒動ではペコちゃんが可哀想でした。昭和世代の我等には不二家のマス生産洋菓子は無くてはならないものでした。お誕生日もクリスマスも不二家です。
noborito090429003.jpg

共産党は取り壊されて無くなっています。
noborito090429004.jpg

区画整理後はここが目抜き通りとなる予定です。
noborito090429010.jpg

それまでは、がっちゃがっちゃした登戸と
noborito090429011.jpg

道端の花壇を眺めて過ごしましょう。
noborito090429012.jpg

撮影日 2009年4月29日
  1. 2009/04/29(水) 22:55:55|
  2. 川崎市多摩区登戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

登戸ドレメに行く 川崎市多摩区登戸2130

登戸ドレスメーカー学院がアトラスタワーに移転して、副校長の方が学院の横でアソシエCHACOというギャラリーを開いている。そこで、3月31日まで登戸の昔の写真を展示しているので見に行きます。
noborito090321.jpg

実は前日に一度行ったのですが、よれよれのパンツ、髪はぼさぼさ、髭は伸び放題で洋裁学校に行くのは気が引けてアトラスタワーの入口で回れ右をして、そのまま床屋へ行ったのです。
noborito090321001.jpg

正面の2階がアソシエCHACOです。実に立派な建物です。アトラスタワーに入るのも初めてで、なんか緊張してしまいました。地元ですが、ここでは自分がいなかっぺに思えてなりません。
noborito090321002.jpg

洋裁学校とギャラリーは完全に分かれた施設で、緊張する必要はありませんでした。
展示は登栄会の方々が提供する昔の昭和30年代の登戸地区の写真です。多摩区のホームページや図書館の郷土写真集に載っているものもありましたが、興味深いものでした。登戸ドレスメーカー学院の昔の生徒さんの写真は貴重です。
noborito090321003.jpg

低層の建物がまだ多い登戸なのですが、それでも昭和30年代と比べると、とんでもなく高層化しています。駅前のいすず食堂なども当時から一度建替えられていることを初めて知りました。
noborito090321004.jpg
なお今、登栄会の商店の店先にも、昔の登戸の写真を展示しています。

撮影日 2009年3月21日
  1. 2009/03/28(土) 23:07:05|
  2. 川崎市多摩区登戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

小田急ロマンスカー 川崎市多摩区登戸3528

登戸駅からロマンスカー10000系がゆっくりと走ってきました。
noborito090125 (1)

そこで新宿からのロマンスカー7000系と交差します。7000系はカラーが昔の塗装に直されているのは、NSEを見ているようで懐かしいですね。
noborito090125 (2)

どんな電車を見ても、電車はやっぱり小田急ロマンスカーがいちばんカッコいいと思うのは沿線住民故の贔屓でしょうか(笑)。まるで子供のようですが。
noborito090125 (3)

小田急は、日活や東宝の撮影所の近所を走るため、昔からロケでは実に多く登場します。1950年代~60年代は世田谷あたりが、若いサラリーマンが住む田園風景を残す郊外として描かれていますが、都市化の進展で70年代から登戸~百合ヶ丘あたりが郊外のロケ地としてよく登場するようになります。
noborito090125 (4)

小田急が出る映画の私のお気に入りでは、たまたま昨年見た東宝映画、司葉子主演、「妻という名の女たち」1963年、を挙げたく思います。司葉子のあまりの美しさにため息がでるのですが、夫(小泉博)と別れて生きる決意をした司葉子演じる「雪子」が小田急で実家に向かうラストシーンが印象的です。映画中盤のワンカットにロマンスカーNSEが駆け抜けていくカットもありなかなか楽しいのですが、DVD化されていないのが残念です。
noborito090125 (6)


撮影日 2009年1月25日
  1. 2009/01/31(土) 11:47:14|
  2. 川崎市多摩区登戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
前のページ 次のページ

作者の件

府中県道

Author:府中県道
男性・会社員・中年
好物・とろろそば
作者の地元の神奈川県川崎市、向ヶ丘遊園から半径2キロ程度の非常に狭い範囲を記録しています。週一回は撮ろうとしていますが、最近は月2回が精一杯です。食には疎いのでグルメガイドにはなりえませんので御了承ください。

記事分類

記事分類・時系列

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

記事内検索

閲覧累計

紹介

ペンキ塗ってくれよ!柱が叫ぶ、思う!!追憶の遊園モノレールの本
ののぱりこ(著) 
「向ヶ丘遊園モノレール はしらのはなし」
文教堂 向ヶ丘駅前店で買えました。(2008/2/23現在、 レジ横に積んでありました。かわいいPOPが立ってました。)2010年現在は、多摩図書館はじめ川崎市立図書館にて読めますよ。

ののぱりこさん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。