稲田登戸界隈

川崎市多摩区周辺の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

世田道を西へ、東生田小学校 川崎市多摩区枡形4

世田谷街道(津久井道)を西へ向かうと、地元から隣町に入る感じになるのは私にとっては根岸陸橋を過ぎて東生田小学校前の歩道橋をくぐる時である。小学校を過ぎると世田道は坂となり、相模原台地を登りきるまではずっと上り下りを繰り返し、ほとんど平坦な場所は無い。登戸~宿河原ののっぺりした平坦地とは景色がガラリと変わるからだろうか。<根岸陸橋付近2月>
masu20090418000.jpg

西日を浴びてそびえる大企業の新社屋、ではなく川崎市立東生田小学校である。
昔の東生田小学校は五反田川沿いに建つ比較的こじんまりとした、白いコンクリの長方形の校舎だった。登戸小学校、稲田小学校とも同じ様な建物で昭和標準型といえようか。それが最近こうなった。
masu20090418001.jpg

旧校舎は平成19年に取り壊し、今年の2月に完成したそうだ。稲小も平成に入って建替えられていて、昭和型の校舎は登小、宿小だけ。<1月>
masu20090418002.jpg

モダンである。巨大な吹き抜けをもち、病院やホテルのよう。<完成間際の2月>
masu20090418003.jpg

町田方面から疲れ果てて帰ってくるとき、この小学校前を抜けると「あー帰ってきたよ」と思う。
masu20090418004.jpg

現在は仮校舎を取り壊し中だった。
masu20090418007.jpg

東生田緑地を近くに持つことから、自然教育にはもってこいですね。
masu20090418010.jpg

撮影日 2009年4月18日

かつての卒業生の方が旧校舎の思い出を綴ったサイトがありました。旧校舎への深い郷愁には同校に一度も足を踏み入れたことの無い自分ですが、共感を覚えました。
川崎市立 東生田小学校 旧校舎 訪問記
スポンサーサイト
  1. 2009/04/18(土) 23:30:46|
  2. 川崎市多摩区枡形
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<生姜焼き定食700エン 川崎市多摩区登戸1820 | ホーム | 向ヶ丘遊園ボウル 川崎市多摩区長尾2>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/04/28(火) 03:43:28 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

たしか・・・東生田小学校の改築工事は
耐震補強工事だったかな・・・
国からの予算がおりてこないで、公立小学校は耐震補強工事を長期間待たされています・・・
税金の使い方がおかしいですね。
  1. 2009/05/05(火) 01:07:59 |
  2. URL |
  3. ひでちゃん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuchukend.blog123.fc2.com/tb.php/97-dbcf07ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

作者の件

府中県道

Author:府中県道
男性・会社員・中年
好物・とろろそば
作者の地元の神奈川県川崎市、向ヶ丘遊園から半径2キロ程度の非常に狭い範囲を記録しています。週一回は撮ろうとしていますが、最近は月2回が精一杯です。食には疎いのでグルメガイドにはなりえませんので御了承ください。

記事分類

記事分類・時系列

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

記事内検索

閲覧累計

紹介

ペンキ塗ってくれよ!柱が叫ぶ、思う!!追憶の遊園モノレールの本
ののぱりこ(著) 
「向ヶ丘遊園モノレール はしらのはなし」
文教堂 向ヶ丘駅前店で買えました。(2008/2/23現在、 レジ横に積んでありました。かわいいPOPが立ってました。)2010年現在は、多摩図書館はじめ川崎市立図書館にて読めますよ。

ののぱりこさん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。