稲田登戸界隈

川崎市多摩区周辺の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

農業用水路の道 川崎市多摩区登戸29××

ぐにゃぐにゃした道ばかりの多摩区では珍しいスカーと伸びた直線道路。昭和22年の航空写真では此処は小田急線路脇まで一面の田んぼですが、昭和38年には農地を区画整理したのか、この道が一本綺麗に通って、小田急側は農地も半分になって民家が並んでいます。右手下の暗渠化された農業用水の蓋が歩道となっているのは、多摩区のあちらこちらで見られる風景です。
20081213.jpg

道の突き当たり。ちょっと変わったデザインのマンションがお迎えです。
20081213 (1)

杉並区の不動産会社のエスカル向ヶ丘というマンションのようです。道路に面したところからは分かりませんが、かなり大きなマンションです
20081213 (2)

用水路はマンションの横を通っていて、どんどん住宅の中に入っていきます。
20081213 (4)

軒を掠めて。行き交う人が結構います。
20081213 (5)

最後は民家園通り商店街へ抜けることとなります。用水は向ヶ丘遊園の駅舎まで延びて線路下を抜けているようです。
20081213 (6)

エスカルマンションの近く。黄色いホルモンの字が目に沁みるなあ。
20081213 (3)

この界隈でで僅かに残った農地。
200812138(8).jpg

撮影日 2008年12月13日
かつての玉川製紙、まだGoogle Mapには残ってます。
tamagawaseishi.jpg

スポンサーサイト
  1. 2008/12/14(日) 00:50:25|
  2. 川崎市多摩区登戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<冬の生田緑地 川崎市多摩区枡形7 | ホーム | 向ヶ丘遊園 跡地(3) 川崎市多摩区長尾2>>

コメント

気になるけど………

住所からしてそんなに自宅から遠くないはず…なのに分からない…一本道といえば私は中村塾(知ってます?)の前から伸びる直線道路を思い出します。たしかにあの辺りは農業用水路が多くフタをしたガタガタ路やコンクリートの柵が付いた場所が当時は沢山ありました。あの細い道…絶対通ったことあるのになぁ~エスカル?う~ん…
やっぱり実際行ってみないと忘れてしまっている事いっぱいありそうです。
  1. 2008/12/16(火) 09:09:24 |
  2. URL |
  3. ゆ☆ま #-
  4. [ 編集]

Re: 気になるけど………

玉川製紙の向かいにきったねー寺子屋のような中村塾がありましたね。
ここはそっちの方ではなく、登戸ハイデンスの裏手側から遊園駅方面に向かっての 一本道です。 エスカル向ヶ丘は1993年竣工なので、ゆ☆まさんが引っ越した後じゃないかな。

経験者は語る、じゃないけど、あまりに様変わりした昔日の場所を訪れてしまうと、思い出の破壊、というか永遠に過ぎ去ってしまった時間の流れをまざまざと感じてしまって、後悔することもありますから、御用心ですよ。
  1. 2008/12/17(水) 23:07:26 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

こんばんわ。
おしゃるとおりですね。あまりに変わっておりますので記憶と繋がりません。地図で見ながら私の記憶と照らし合わせますと、エスカル向ヶ丘から武田病院のあたりまで梨山と田んぼでした。稲刈り後はその区間を一直線に歩くことができました。(小学生の頃)

でも記憶っていいかげんですね。私は玉川製紙は火事になって跡地にダイエーができたと思っておりました。冬の真夜中に野次馬をしたのですが、煙突の高さまで火の上がる凄い火事でしたよ。
  1. 2008/12/21(日) 00:49:50 |
  2. URL |
  3. 元登戸住民 #-
  4. [ 編集]

Re: 火事

元登戸住民さん、毎度衝撃の思い出の披露に感謝です。

もう私が知っている時代は武田病院の周りはほとんど平屋か2階建ての家で埋まっていたので、やはり随分変わっているんですね。だけど見てみたいです、当時ののどかな登戸地区。

よくありますね、鮮明な記憶が間違っていること。でも玉川製紙は一度燃えてるんですか!いやーこれももうびっくりです。あの煙突は結構高かったですよ。そこまで炎が上がった??
工場閉鎖の頃は建物はボロボロでしたけど、敷地一杯に工場が広がってましたから、高度成長の波に乗って、うまく再建したんでしょうね。
Googoleマップの空撮写真はまだ古くて、マンションでなく玉川製紙が写ってますので、切り取ってちょこっとのっけときました。あーなつかしー。
  1. 2008/12/21(日) 21:30:27 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

なんか度々すみません。

ご覧になった事があるかもしれませんが・・。
http://www.agui.net/imglog/oer/img-box/img20070114125108.jpg
先日こちらの写真を見つけましてすごく興奮してしまいました。
下の写真はよく見ると小鹿倉眼科の看板が見えますね。
今でも場所を代えてやっているようですが、お世話になったところです。
写真だとわかり辛いですが、看板のところにはガードがありまして
私の通学路となっておりました。登戸駅方向から取っている写真ですが
うっすら枡形山のほうが写ってますね・・。道の奥のほうの人が写っている
あたりに大正堂ができました。上の写真は遊園駅側からのものですね。
度々すみません。
  1. 2008/12/21(日) 21:45:59 |
  2. URL |
  3. 元登戸住民 #-
  4. [ 編集]

昭和3?年

元登戸住民さん、いえいえどーぞ。
そうです!私が見つけたのはそれで、私も興奮しました。
たしかに線路にガードの切り掛けみたいなのがありますね。言われないと分からないですね。この写真をみて、当時は小鹿倉さんは山側にあって、後に反対側の今の場所へ移転したのかと思いましたが、ガードの入り口に看板を立てたのですね。うわー凄いです。
また地図と比較して気がつきましたが、このガード、今も同じ位置にある「アレ」ですね。拡幅前は高さ1.7メートルくらいの激狭通路。車のアンテナを擦ったことがある場所です(笑)

おなじサイトの別の写真
http://www.agui.net/imglog/oer/img-box/img20070213155345.jpg
下の写真、朝日新聞登戸販売所というのが写ってますが、現在もASA登戸 として同地にあります。
しかし小田急の海側(宿河原側)には昭和32~37年には線路に沿った道が無かったみたいですね。今の発展振りからすると、逆になってるのも面白いですね。
  1. 2008/12/21(日) 22:54:46 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

そうなのです。

線路沿いの道(新宿に向かって右側)はありませんでした。できたのは昭和36-37年頃だったような・・。小学校低学年時に開通しました。高学年になった頃サンコーが出来てそれなりににぎやかな道になりました。サンコーのあった位置は登戸ハイデンスあたりでしょうか。ちょっと自信ありませんが・・。
  1. 2008/12/21(日) 23:35:27 |
  2. URL |
  3. 元登戸住民 #-
  4. [ 編集]

 サンコーの在った後は 現在の川崎信用金庫の場所です。ハイデンスの所は ボーリング場です。
  1. 2009/03/01(日) 21:28:30 |
  2. URL |
  3. 今も登戸住民 #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

今も登戸住民さん、どうも。

サンコーはともかく、ボーリング場は今の風景からは想像つきませんよね。
  1. 2009/03/03(火) 23:26:20 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuchukend.blog123.fc2.com/tb.php/84-c0f2b7ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

作者の件

府中県道

Author:府中県道
男性・会社員・中年
好物・とろろそば
作者の地元の神奈川県川崎市、向ヶ丘遊園から半径2キロ程度の非常に狭い範囲を記録しています。週一回は撮ろうとしていますが、最近は月2回が精一杯です。食には疎いのでグルメガイドにはなりえませんので御了承ください。

記事分類

記事分類・時系列

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

記事内検索

閲覧累計

紹介

ペンキ塗ってくれよ!柱が叫ぶ、思う!!追憶の遊園モノレールの本
ののぱりこ(著) 
「向ヶ丘遊園モノレール はしらのはなし」
文教堂 向ヶ丘駅前店で買えました。(2008/2/23現在、 レジ横に積んでありました。かわいいPOPが立ってました。)2010年現在は、多摩図書館はじめ川崎市立図書館にて読めますよ。

ののぱりこさん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。