稲田登戸界隈

川崎市多摩区周辺の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水田 川崎市多摩区登戸8

中野島側の水田。
田舎感が強い宿河原周辺は用水がほとんど暗渠化したが、登戸のここは健在だ。

2008_07120001.jpg


私が生まれた相模原は水田が出来ないところだった。当時、多摩区の水田の豊かさと美しさは驚きだった。
2008_07120004.jpg


二ヶ領用水で泳ぐ子供とイヌ。これは親水公園化された恩恵だろう。昔の二ヶ領は岸は土で、薮やら葦が密生していて落っこちるとヤバイ感じで、それよりは水田脇の用水でよく遊んだ。けれども農家のおじさんに怒られないようこっそりだった。
場所によっては、分水の為にとても深くなっているところもあって、流れも速くて危険だったからだ。
ザワザワドッポンドッポン、盛大な音を立てて流れる水は透き通ってとても冷たかった。
2008_07120023.jpg


会社で長野出身の人から「あぜ道なんてしらんだろ、都会もんの君は」
「いーえ、知ってるどころか遊び場でした。南牧村の○さんよりよっぽど知ってまっせ、水田に関してはは」
「嘘つけ、田圃なんか見たことねーだろ」
そんな会話を交わしたことがる。
2008_07120028.jpg


撮影日 2008年7月12日
スポンサーサイト
  1. 2008/07/12(土) 23:30:21|
  2. 川崎市多摩区登戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<水田(2) 川崎市多摩区宿河原7 | ホーム | 立葵 川崎市多摩区登戸1230>>

コメント

暑中お見舞い申し上げます

こんにちは、暑いですね。

水田の緑と水遊び・・・懐かしく思い出す風景がまだ現役っていうのがこの街の良いところですね。
畦道を走って泥んこになって水しぶきを跳ね上げて・・・ガキンチョの夏はこうでなくちゃね!(笑)
水に足をつけて、アイスモナカでもかじりたいなぁ。

前回のタチアオイも素敵でしたし、夏の風景ってやっぱり良いですね。
暑いですから撮影もお気をつけくださいね。
  1. 2008/07/13(日) 13:09:34 |
  2. URL |
  3. shan #zifTaGBg
  4. [ 編集]

お暑うございます。

shanさん、こんにちは。
ほんと死ぬほど暑いですね、夏風邪もなかなか治らないしもうバテバテです。

さて、この一画はガキンチョが泳いでたり、畦道で虫取りとか、現代日本では信じられない光景が展開されていました。
横浜の寺家町とかはもっと広くて里山風景が濃厚ですが、そこに来るお子様はパパとママに巨大なミニバンで連れてこられ、綺麗なお洋服でエコは大事とか能書き垂れたり、バードウオッチングとかお上品に遊ばれているようです(想像)が、登戸のガキはただのうるさくて汚いガキでした。
元気でよろしい。

二ヶ領は結局は多摩川の水ですから、水泳にはちょっと適さないという気がしないでもないのですが、まあ楽しそうだったから良しとしますが、水のんじゃ駄目だよって言いたくなっちった。
でもそんなガキンチョがいるのってとっても素敵ですよね。(笑
  1. 2008/07/14(月) 23:20:33 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

こんにちは

 府中県道さん、こんにちは。

 お久しぶりです。
 登戸界隈でこんなきれいな水田があるんですね。知りませんでした。それと、二ヶ領用水での水遊びが出来るのですね。

 ぶらりと散歩したくなりました。
  1. 2008/07/16(水) 16:01:05 |
  2. URL |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

都会に憧れ。

NOBUさん、こんばんわです。

お暇ございましたら、是非お散歩においでください。

とはいえ、最近地元ばかり徘徊しているせいか、都会に出てませんので、ちょっと神楽坂やら飯田橋あたりをぶらぶらしたい心境でございます。
東京の個性的なお店で買い物して夕方、雰囲気のあるところでビールをグビ、ってやりたいんですけど、基本的に田舎もんですので、格調高そうなお店には入れなかったりするんですけどね。(笑

  1. 2008/07/17(木) 00:17:44 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuchukend.blog123.fc2.com/tb.php/63-3cf0b6f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

作者の件

府中県道

Author:府中県道
男性・会社員・中年
好物・とろろそば
作者の地元の神奈川県川崎市、向ヶ丘遊園から半径2キロ程度の非常に狭い範囲を記録しています。週一回は撮ろうとしていますが、最近は月2回が精一杯です。食には疎いのでグルメガイドにはなりえませんので御了承ください。

記事分類

記事分類・時系列

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

記事内検索

閲覧累計

紹介

ペンキ塗ってくれよ!柱が叫ぶ、思う!!追憶の遊園モノレールの本
ののぱりこ(著) 
「向ヶ丘遊園モノレール はしらのはなし」
文教堂 向ヶ丘駅前店で買えました。(2008/2/23現在、 レジ横に積んでありました。かわいいPOPが立ってました。)2010年現在は、多摩図書館はじめ川崎市立図書館にて読めますよ。

ののぱりこさん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。