稲田登戸界隈

川崎市多摩区周辺の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

稲田登戸病院 (2) 川崎市多摩区枡形6

そぞろ来て夜の梅林を抜けんとす
2008_05180024.jpg


稲田登戸病院の前の 高浜年尾 句碑
2008_05180028.jpg


高浜年尾が晩年入院していた稲田登戸病院
2008年5月18日現在、病院の診療棟はまだ残っている。
2008_05180029.jpg



閉鎖された薬局跡はテナント募集中。
2008_05180031.jpg


診療棟の裏手にあった入院病棟は完全に撤去された。
2008_05180018.jpg


同時に山も無くなった。
2008_05180002.jpg


切り株が痛々しい。近年まれに見る徹底的な伐採。
2008_05180020.jpg


生田緑地から続く尾根だがここは私有地である。
2008_05180038.jpg


はげ山。
2008_05180041.jpg


施設の残骸。
2008_05180042.jpg


ここで一句。

花散りて愛の残りし稲田かな  高浜年尾
2008_05180044.jpg



撮影日 2008年5月18日






スポンサーサイト
  1. 2008/05/18(日) 21:24:38|
  2. 川崎市多摩区枡形
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
<<善立寺 川崎市多摩区登戸2474 | ホーム | チロリアンハウス 川崎市多摩区登戸3124>>

コメント

はげ山の件

枡形6丁目住人です。登戸病院裏の伐採の件、あっという間のことでした。すぐにこちらに書き込もうかと思ったのですが、仕事に追われてそのままになっていました。相変わらず管理人さんの情報網はすごいですね。
  1. 2008/05/19(月) 08:06:06 |
  2. URL |
  3. ak #-
  4. [ 編集]

akさん、お久しぶりです。書き込みありがとうございます。

沢山の切り株、施設の残骸を見ていて、自分の体が切り取られたみたいで、ちょっと落ち込みました。
もともと山頂部はいろんな建物があって、自然のままというわけではなかったので、乱開発という訳ではないのでしょうが、斜面の様はあまりに無残です。
住民の方の方も、突然のはげ山の出現にギョッとしたでしょうね。

これで山間の結核サナトリウムの昭和遺構も、ジ・エンドでとっても残念です。
  1. 2008/05/19(月) 23:17:33 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/05/21(水) 19:14:20 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

自分の父や祖母を含め・・・どれだけの知人が
ここで人生の最期を迎えたのだろう・・・
そういう意味でも感慨深い病院だったけど
・・・ある種の寂しさを感じます・・・
  1. 2008/06/12(木) 23:35:00 |
  2. URL |
  3. ひでちゃん #-
  4. [ 編集]

故人の思い出の場所が無くなるのは寂しいですからね。

病院などは私企業であっても、公共機関という感覚であって、無くなったり廃止されることは無いと思っていましたけど、平成の時代は損得勘定であっというまに無くなってしまう世知辛い世の中です。


  1. 2008/06/14(土) 00:05:04 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

はじめまして、登戸病院が取り壊しになったと友人に聞いて調べていたらこちらに辿り着きました。

以前登戸病院の小児科でバイトをしていたことがあったので廃院になったときもそうですが、こうして建物がなくなると、ああ本当になくなったんだ・・・とちょっと切ない気分になります。小田急線で地元に戻ってこの病院を見ると、戻ってきたんだなと思ったものです。
僕の母校の東生田小学校も校舎が無くなっていてビックリしました。数年離れただけで随分変わるものですね。

写真をすごく懐かしく見させていただきました。三峰神社から徒歩5分位のところに住んでいました。遊園登戸に戻りたい!そんな気分にさせられます。また訪問させて頂きます。ありがとうございました。
  1. 2008/07/27(日) 06:06:32 |
  2. URL |
  3. 俊介 #-
  4. [ 編集]

病院はどうでしたか?

俊介さん、初めまして。

病院で働いてらしたんですね。なら感慨もなおさらでしょうか。
でも働いていた人に書き込まれてビックリ。私とどこかですれ違っていたのでしょうか。
診察後はいつも、1階の奥の喫茶店でスパゲッティ食って帰ってました。懐かしい。

小田急が町田方面からゆっくりホームに入るときに、あの古ぼけた病院が見えると、ああ地元という感じですからね。地元民にとっては、在って当たり前の風景でした。

古いものが今はどんどん壊されて行きます。個人の記憶の風景もどんどん壊されて行きます。
そうやって町並みはかなり変わっていっても、生田の山並みと多摩川は変わらないで残るとおもいます。たまには帰ってきて、そーですね、梨もぎでもやってみませんか。
  1. 2008/07/28(月) 00:11:03 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

結構世話になりました

大学時代、足を骨折した時にお世話になった病院でした。大学の協定医療機関でして、治療費は大学が負担してくれるという、貧乏学生にとってはありがたいシステムでした。
たまたま大学の後輩を病院に付き添いで連れて行くことになり、ネットでくぐってみたら、閉鎖と聞いてびっくりです
  1. 2008/11/23(日) 17:43:55 |
  2. URL |
  3. 元明大生 #-
  4. [ 編集]

太っ腹でいい大学ですね

元明大生さん、ありがとうございます。
病院ってこんな簡単に無くなるもんですか?って感じしますよね。
大学時代の思いでも結構ですので、何か思いだしたらまた書いてくださいね。
  1. 2008/11/27(木) 22:12:46 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

稲田登戸病院の閉院に驚きました

私は30年前、専修大学に通っていました。府中街道をくぐると稲田登戸病院が見えてきました。坂の上でしたから行った事はなかったのですが毎日見ていた景色でした。でも、2006年3月に閉院してしまったと聞いて驚きました。多摩区生田地区の地域医療の拠点であったはずであり、住民は困っているのではないでしょうか。閉院になった情報を聞きたいと思います。知っている方、書き込みをお願いします。
  1. 2008/11/30(日) 12:44:21 |
  2. URL |
  3. ロマンスカーはこね #-
  4. [ 編集]

閉院のわけ

ロマンスカー箱根さん、大雑把ですけど閉院の理由は、病院の土地が借地であり十数年前から地主から明け渡しを求められていた。病院は国家公務員共済組合という公務員の福利厚生病院がスタートであるので、構造改革の風潮下で公費削減のターゲットになった。地域医療施設という名目も、川崎市が登戸に市民病院を建てることを決定し、その意味が薄れた。詳しくは閉院に反対された方々、団体のサイトがまだ沢山残っていますので、検索で容易に把握できます。なお、本サイトはあくまでも個人の趣味サイトです。匿名投稿の掲示板ではありませんので、この場での不特定多数の人への情報収集等の呼びかけは控えてくださいますよう、お願い申し上げます。府中県道
  1. 2008/11/30(日) 23:13:01 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

理解しました。

府中街道様。
ご丁寧な説明をありがとうございました。
詳細は自分で調べてみます。呼びかけの件、大変失礼致しました。以後気をつけます。
  1. 2008/12/03(水) 14:09:28 |
  2. URL |
  3. ロマンスカーはこね #-
  4. [ 編集]

ロマンスカーはこね様、どうもです。
あと閉院のずっと前から病院側の理由で救急指定を廃止とかで、けっこう市と揉めてた記憶もあり、病院の行く末にはあまり平穏な感じはしませんでしたね。
何時かまた、この周辺を取上げる機会には、大学時代の風景の思い出など御披露下さると嬉しく思います。では。
  1. 2008/12/04(木) 22:07:39 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuchukend.blog123.fc2.com/tb.php/56-810f8a3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

作者の件

府中県道

Author:府中県道
男性・会社員・中年
好物・とろろそば
作者の地元の神奈川県川崎市、向ヶ丘遊園から半径2キロ程度の非常に狭い範囲を記録しています。週一回は撮ろうとしていますが、最近は月2回が精一杯です。食には疎いのでグルメガイドにはなりえませんので御了承ください。

記事分類

記事分類・時系列

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

記事内検索

閲覧累計

紹介

ペンキ塗ってくれよ!柱が叫ぶ、思う!!追憶の遊園モノレールの本
ののぱりこ(著) 
「向ヶ丘遊園モノレール はしらのはなし」
文教堂 向ヶ丘駅前店で買えました。(2008/2/23現在、 レジ横に積んでありました。かわいいPOPが立ってました。)2010年現在は、多摩図書館はじめ川崎市立図書館にて読めますよ。

ののぱりこさん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。