稲田登戸界隈

川崎市多摩区周辺の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

常照寺 川崎市多摩区宿河原3-11-3

宿河原の常照寺。
昔から場所は知っていましたが、境内に入るのは初めてです。
071222001.jpg


この周辺の「下げ綱の伝説」の由来が伝わるお寺です。
お寺の石仏や墓碑を拝見させて頂くと、地域の歴史が良く分かります。
071222002.jpg


陸軍砲兵准尉だった方の御墓のようです。所属部隊は太平洋戦争で昭和16年からマニラ、バターン方面に進出し、昭和20年に沖縄戦で玉砕しているようです。のどかな多摩区にも戦争の跡が残っています。
071222003_20071222193613.jpg


ご近所のご婦人が裏手の墓地へ向かいます。
071222004.jpg


登戸地区と比べると低層住宅地区が広がります。
071222005.jpg


お寺を出て宿河原会館へと続く道で、民家の間に農業用水路があることに気が付きました。
このように残っている所はもうあまり在りません。
071222006.jpg


昭和22年米軍撮影の航空写真ですと、宿河原地区はこの周辺の民家と稲田小学校くらいしか写っていません。驚くことに、宿河原駅前は畑だったようです。
興味のある方は、国土地理院の航空写真サイトで「USA-M389-57」を。  
071222016.jpg


5本の棕櫚がいい感じ。
071222017.jpg


蔵がある家もずいぶんと減ったなあ。
071222019.jpg


ここまで農家の家として残っているのも珍しく、茅葺だったらさぞかし良かったと思いますが
岐阜白川郷でさえ、維持困難な時代です。しかし民家園まで行かなくてもいいわ、もうここで。
071222024.jpg


鄙びてはいるが、けっこう人通りがあります。
朝はサラリーマン、OL、学生が此処を抜けて駅へ向かいます。
071222025.jpg


農機具小屋でしょうか。私の幼少期の相模原の農家にも、この手の建物が沢山あって、かくれんぼや鬼ごっこする格好の遊び場でした。
071222026.jpg


宿河原八幡神社。秋祭りは結構派手にやります。道路封鎖しちゃいますから。
071222027.jpg


水路はここからは暗渠化されてしまい、稲田小学校の脇を抜けて二ヶ領用水に接続するようです。
071222030.jpg


宿河原会館。むかしは此処で算盤塾をやってました。まるで寺子屋のようでした。
071222031.jpg

ここから宿河原商店街を抜けて駅までは次回。
スポンサーサイト
  1. 2007/12/22(土) 21:20:35|
  2. 川崎市多摩区宿河原
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuchukend.blog123.fc2.com/tb.php/15-f7b6adcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

作者の件

府中県道

Author:府中県道
男性・会社員・中年
好物・とろろそば
作者の地元の神奈川県川崎市、向ヶ丘遊園から半径2キロ程度の非常に狭い範囲を記録しています。週一回は撮ろうとしていますが、最近は月2回が精一杯です。食には疎いのでグルメガイドにはなりえませんので御了承ください。

記事分類

記事分類・時系列

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

記事内検索

閲覧累計

紹介

ペンキ塗ってくれよ!柱が叫ぶ、思う!!追憶の遊園モノレールの本
ののぱりこ(著) 
「向ヶ丘遊園モノレール はしらのはなし」
文教堂 向ヶ丘駅前店で買えました。(2008/2/23現在、 レジ横に積んでありました。かわいいPOPが立ってました。)2010年現在は、多摩図書館はじめ川崎市立図書館にて読めますよ。

ののぱりこさん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。