稲田登戸界隈

川崎市多摩区周辺の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旧三菱自動車多摩寮 川崎市多摩区長尾6

現在は三菱ふそう・バストラックの多摩寮であるが、かつては三菱自動車だった。近年段々と住人が減って来ていたが、今年の5月の連休前に空になった。20100719-01.jpg

こちらは独身寮、正面が食堂と浴場のようだ。長尾6丁目の住宅地に入居が始ったのは1971年末から。この寮はそれ以前から建っていたので建設は70年前後か。70年代はこの寮は満員で、駐車場は若い社員達のギャランGTO、FTO、ランサー(全て初代の)、ランサーセレステとスポーティな車がずらりと並び壮観だった。今よりもずっと車が輝いていた時代で、特にランサーは1600GSRがサザンクロスラリーで連勝、後年のシノケンのラリーアートやランエボの基礎を築いた時代です。ただ寮の若い社員に人気だったのはKPGCやサバンナと並んで悪顔だったGTOのようです。
20100719-02.jpg

こちらは家族寮で、1973年頃に建っている。
20100719-<br />03.jpg1976年に三菱はギャランΣを発売。当時の日本車には見られない垢抜けたボディラインの車だった。その頃にホンダアコードも登場、後年北米でバカ売れする各社のドル箱車種がほぼこの時期に出揃うのである。排ガス昭和51年規制で一時のパワーダウンもなんのその、各自動車メーカーは80年代の怒涛の高性能日本車開発へ助走を始めるのだ。

厳重に鉄線とベニヤのバリケードで封鎖された建物。一応、「侵入者は警察へ通報」との立て看板はあるのだが、今後此処をどうする予定なのかくらいは書き添えるべきではなかろうか。これだけ広く巨大な建物が空き家であると、少なからず地域の防犯に影響を与えると思うが。20100719-04.jpg

長尾3丁目の畑から寮を見上げる。この丘陵地では最も目立つ建物であった。
20100719-05.jpg

<三菱ふそう・バストラック㈱の川崎本社。手前の空き地は旧鶴見操車場。>
塩浜のいすずが2003年に撤退、跡地はヨドバシカメラの倉庫になる。よって川崎市で車を作っているのはもう此処だけになった。そんな在りし日の川崎の自動車工場を描いた映画がある。酒井和歌子、黒澤年雄が主演の1968年東宝「めぐりあい」。
20100719-06.jpg

<鶴見操車場跡地から武蔵小杉方面を見る>
南武線で川崎駅へ通勤する自動車組み立て工の黒沢年雄。年雄の勤める工場の近くのべアリング問屋で働く酒井和歌子。2人はひょんなことで川崎駅で知りあい、やがて恋仲となってゆくが・・・。当時の南武線や川崎駅、おそらくいすず川崎工場と思われる工場風景、開園して間もない横浜ドリームランドなど川崎市民必見の映画です。私の永遠のマドンナ(笑)酒井和歌子さんも最高に可愛い。
20100719-07.jpg

撮影日 2010年7月19日 
スポンサーサイト
  1. 2010/07/27(火) 00:01:28|
  2. 川崎市多摩区長尾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<陸軍登戸研究所 川崎市多摩区東三田1 | ホーム | カリタス第二踏切 川崎市多摩区中野島4>>

コメント

はじめまして

今日はじめてお邪魔しました。私は、ひばり保育園→稲小→稲中(家族3世代!)の稲田っ子です。

そして、嘗て父は上記独身寮に住み(自動車華の70年代)、様々な車を乗り回し(&改造)していた・・・・と、こっそり母に聞いております。笑

宿河原、長尾の写真には様々な幼少の思い出が蘇ってきました。また、地元なのに知らない場所も多く、のんびりと散策したい気分にもなりました。

愛すべき地元(緑も多くて、都心へのアクセス良好!さびれた町並み!)の写真記録ありがとうございます。

これからも楽しみにしています❤
  1. 2010/07/29(木) 20:47:40 |
  2. URL |
  3. 稲田っ子 #-
  4. [ 編集]

Re: はじめまして

稲田っ子さん、はじめまして。
こっそりお父上の話、ありがとうございます。

ほんと沢山の車があったなあ、と思います。70年代に入ってもまだ車はちょっと贅沢品で、クラスで自動車を持つ家はあまりありませんでしたから、余計にそう見えたのかと思います。
ちょっと調べましたら、1970年の日本の乗用車の数は727万台。これが昨年2009年だと5768万台。全然違いますよね。

ひばり保育園出身の人の登場は初めてですから、今後その周辺を取上げるときは、当時の情報をお願いしますね。では!
  1. 2010/07/31(土) 23:16:34 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

川崎産業はどこへ?

70-71年というと第1次石油危機を目前にした万博のお祭り騒ぎがあった高度成長末期で、多摩丘陵もブルドーザーによる切り崩しが進行している最中でしたから、自意識が生じてきた頃だった小生は三菱寮辺りの造成も面白くなかったです。私の家も車なかったですし、自分としても車には興味薄かったもんで。

改めて丘陵の保全は市が早く緑地指定を決めた(誰がどういう経緯で決めたのか知りたいとこです)生田緑地の他は、遊園の存在に負っていた事実に思い至ります。

写真を拝見すると、いかにも70年代の寮や大衆宿泊施設の建築スタイルで、特に入り口の雰囲気などの皮膚感覚を呼び起こされるような懐かしさを覚えますね。

閉鎖されたのは、生産拠点の海外移転と関係があるのでしょうか? あるいは「独身寮」とか「家族寮」みたいな居住スタイルが忌避されるようになったとか? 昔から「プライヴァシーがないよー」なんて話は聞きましたが。

砂利電から始まった川崎北部から重厚産業が消えていくのは淋しくもありますが、シーボンの写真を拝見して思ったんですが、多摩丘陵上に自然との共生を意識した小ぶりな建築の研究開発企業の進出があるのであれば、悪いことではないと感じます。

鶴見操車場は、機関車ファンのメッカで運が良ければSLを見れたという話でしたね。私が見に行った時はもう遅すぎましたが、各種電気機関車の行き来は見て楽しいものでしたね。なるほど、ふそうの本社が隣だったんですね。
跡地の行方が気になりますが、汐留跡地みたいな人気スポットになるとかは?
  1. 2010/08/01(日) 03:00:53 |
  2. URL |
  3. 故郷丘陵 #-
  4. [ 編集]

こうしてみると多摩区も広いですよね~。今年上京した息子の友達は寺尾台に住んでいるそうで・・・なんだか不思議です。
私は登戸の丸山幼稚園でした。お寺があり、本堂が広かった!!もうじき多摩川梨の時期になりますね。小学校の校章は梨の花がモチーフだった気がする。今、梨園てどの位残っているのでしょう?夏休みセミの抜け殻を沢山採りに行きましたよ~。
  1. 2010/08/03(火) 10:17:34 |
  2. URL |
  3. ベル #-
  4. [ 編集]

Re: 川崎産業はどこへ?

私は幼稚園の頃から自動車の排気管に鼻を近づけて匂いを楽しむような自動車好きだったので、ずらりとならぶ自動車はやはり嬉しかった思い出です。当時のからの国産車の名前はそらで言えますし、今でもエンジン音だけで車の車種が大まかに分かります(笑)。ただ、これほど車が溢れている現状は最悪です。

実はこの寮のとなりには2棟の新しい寮があり、そちらは人が居ますので寮が無くなったわけではないのです。
ただふそうのトラックも主力は地方の拠点のようで、昔を知っているものにとってはさみしいですね。
  1. 2010/08/06(金) 14:05:33 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

梨園はまだまだあります

ベルさん、こんにちは。
梨園はまだあるんですけど、「もぎとり」ののぼりを立てた観光農園のような感じではなくなってしまいました。小さな小屋を建てて、ビニール入りの梨の小売という感じになってます。東京の日野の方にいきますと、昔の多摩区のような農園地帯や梨園が残っており、懐かしくなります。
  1. 2010/08/06(金) 14:14:56 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

はじめまして。子供の頃枡形に住んでいて何気なく東生田小を検索したらこちらに辿り着きましたのが かなり前になります。本当に懐かしくて何度も写真を拝見させて頂きました。私も丸山幼稚園の卒園生です。とても嬉しく感じ こんな時間に失礼かと思いましたがコメントさせて頂きました。すみません。また寄らせて下さい(^-^)
  1. 2010/08/31(火) 00:20:06 |
  2. URL |
  3. まい #gnBYJsCU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuchukend.blog123.fc2.com/tb.php/118-a3ca278b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

作者の件

府中県道

Author:府中県道
男性・会社員・中年
好物・とろろそば
作者の地元の神奈川県川崎市、向ヶ丘遊園から半径2キロ程度の非常に狭い範囲を記録しています。週一回は撮ろうとしていますが、最近は月2回が精一杯です。食には疎いのでグルメガイドにはなりえませんので御了承ください。

記事分類

記事分類・時系列

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

記事内検索

閲覧累計

紹介

ペンキ塗ってくれよ!柱が叫ぶ、思う!!追憶の遊園モノレールの本
ののぱりこ(著) 
「向ヶ丘遊園モノレール はしらのはなし」
文教堂 向ヶ丘駅前店で買えました。(2008/2/23現在、 レジ横に積んでありました。かわいいPOPが立ってました。)2010年現在は、多摩図書館はじめ川崎市立図書館にて読めますよ。

ののぱりこさん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。