稲田登戸界隈

川崎市多摩区周辺の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

川向こうから見る我が街 東京都狛江市猪方4

さて今回は越境してお隣の東京都狛江市側から地元を見てみましょう。都民様からは川向こうと呼ばれる我が町川崎。
komae2010031401.jpg
バブル期の地価高騰の時代、元々都民の方が結婚なぞして家を買う為に、泣く泣く川崎に引越したりしますことをマジで「都落ち」と自嘲気味に称していた時代がありあした。

枡形山展望台、中和ビル、登戸のマックと直線に並ぶのが面白い。
komae2010031402.jpg
学生時代は一時期東京の学校に行っていた事もあり、一人ぼっちの川崎市民が多数の都民の中に紛れますと例えば明日が「都民の日」なぞは学校が休みになるのですが、教室中から「県民は休むなよ」と罵声が飛ぶのであります。

二ヶ領宿河原用水取水口。丘の上は長尾6丁目、通称長尾台住宅。
komae2010031403.jpg
都内の子供というのは親はド田舎出でも自分は生まれた時から都民なので、その選民意識にはすごいものがあります。

宿河原のマンションは随分と大きく見える。
komae2010031405.jpg
悲しいことに同じ都民でありましても町田から来ている子などは都民とは認めてもらえず、厚木の子と一緒にされ「小田急で神奈川に帰れ」と言われる始末。


意外とモダンな登戸駅。昔のスレート葺きのような貧相な駅ではないです。
komae2010031406.jpg
まあ、それぐらいの年頃のガキにとっては些細な事で騒ぎ立てるのが楽しいのであって陰湿な差別や虐めではないのです。軽口を叩く程度に「県民がー」とやるのですが、それでもやはり思春期の心には堪えましたね。

堰の魚道。
komae2010031407.jpg
そういう訳で今も多摩川を渡るたびに「おのれ~都民め。湘南の海にはオメーら来るな、箱根の保養地は神奈川のもんだ、丹沢なんざ一歩も入らせねーよ」とのたまってしまう自分がおります。

長尾神社脇の2本のメタセコイヤは結構遠くからも認識できます。
komae2010031408.jpg
就職や大学でこちらに来られた方にはあまり分からない感覚かもしれません。


画面中央に白く小さく、向ヶ丘遊園の大階段がお分かりになるだろうか。昔はその左手に観覧車があったのですけどね。
komae2010031410.jpg

津田山の三菱自動車。戦前は日本光学津田山工場で、戦艦大和、武蔵の15メートル測距儀を製作していた所です。カメラに詳しい人ならご存知ですが、現ニコンは元は三菱系の軍用光学機器の製造会社ですから、跡地が今は三菱であってもおかしくは無い訳ですね。
komae2101031409.jpg


撮影日 2010年3月14日
スポンサーサイト
  1. 2010/03/23(火) 01:53:40|
  2. 東京都狛江市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<向ヶ丘遊園 春2010年 川崎市多摩区長尾2 | ホーム | 春が来た 川崎市多摩区枡形6>>

コメント

いいですね

管理人さん、こんにちは。「川向こう」?からの風景もいいものですね。この4月から日本勤務に戻ります。来週の水曜には枡形の自宅です。日本は桜の時期でしょうね。まだしばらくは日本といったりきたりになりますが、また、4月からよろしくお願いいたします。娘は生田緑地を覚えているだろうか。
  1. 2010/03/26(金) 16:42:35 |
  2. URL |
  3. ak #-
  4. [ 編集]

お帰りなさい

お帰りなさい、akさん。
コメントを最初に頂いたのは07年ですから、随分と月日は経ったものです。
娘さんは可愛い盛りかな、枡形山の滑り台でも遊べる歳になりましたね。

こちらは二ヶ領の桜は咲きましたが、丘陵地の上のほうはまだですね。しかもここ2日ほど気温10度程度で、開花のスピードは鈍いようです。帰ってこられる頃だとまだ間に合うかもしれませんよ。
  1. 2010/03/28(日) 12:37:40 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

給水塔も

こんばんわ。ご無沙汰しております。
地元散歩写真を題材にすると、ネタのニアミスをよくしますね。
メタセコイヤ(3本?)は、いろいろな処から見える、長尾の最後のランドマークですが、あれは、長尾神社でもなく、あじさい寺でもなく、個人のお宅の木らしいです。
長尾神社に初詣に行った時に、町会の人から聞き出しました(笑)
あの辺り、見晴らしも良く、縄文時代から人の住む、「時代を超えた住み良い場所」なのでしょう。

長尾の山は、宿河原から観ると、観覧車と給水塔がシンボルでしたが、両方とも無くなってしまい、のっぺらぼうな感じです。
  1. 2010/03/30(火) 02:58:38 |
  2. URL |
  3. sei5 #-
  4. [ 編集]

かぶりますよう

sei5さんどうもでございます、おばんざいやに行ってみようかと思いつつ、なんか怖いよ、常連がw!

被りますね~。
狛江の決壊の碑は私も知りませんでした。こちら側は被害は無かった(落ちて亡くなった方はいましたが)とはいえ、やはり当時の被災した方々の事を考えると何とも言えない気持ちになります。と同時に岸辺のアルバムの八千草薫を思い出すのは、オヤジの証拠ですか。

メタセコイヤは給水塔があった時代は気がつかなかったですね。確かに遊園も皆無くなって、丘陵全体が特徴がなくなってしまいましたね。
  1. 2010/03/30(火) 22:34:16 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ますます密着

こんばんわ。 地域密着型を謳っているので、ネタかぶりはあきらめざるをえません。
その代わり、どんどん深掘りしてゆくことにします(笑)

おばんざいやの常連はそんなに怖くないですヨ。 宿河原には、もっと怖い店が他にあります。 いやホント(笑)。 実体験では、初対面の客に本気で喧嘩売る常連+止めない店員。。。

平和な おばんざいや にてお待ちしております(笑)ので、気が向いた時に入ってみてください。

決壊の時に、川崎側で流された人が居たとは、初めて知りました。
3コマ目、長尾台には、天気が良い日に、時々散歩に行きます。 好きな場所のヒトツです。
  1. 2010/04/01(木) 01:15:35 |
  2. URL |
  3. sei5 #-
  4. [ 編集]

先週末、川向こうわが町川崎に会いに行って来ました。色々な色のロマンスカーと区間準急というのにびっくりです!!経堂はいつから急行が停まるのでしょう?そんな事言ってる私がおかしいのでしょうけど・・・小田急線・・・難しくなりましたね。
今回も懐かしい画像です。私が想うには川崎の子供はそんなに都民に憧れてない気もします。横浜市民にも憧れていない気もします。なんといっても一番近い都内である狛江も町田も稲城長沼も東京とは言え区民ではないじゃないか!!と思っていたし、川崎でも麻生区の新百合ヶ丘にしては昔は気の毒な程何も無かったですもの。今はすっかり変わり目をみはりますね。でも登戸から遊園にかけては大きな変化も感じず懐かしく電車に揺られていました。

狛江の洪水は小学校に入る前の年です。祖父に連れられて見に行きました。土手のすぐ近くまでの水量と轟音にスカートをにぎりしめ立ち尽くしました。
生田緑地にも崩壊実験の慰霊塔がありますね。今、川崎に住む人達もベッドタウンとして住むだけではなく、そんな歴史もわかって大切に住んでもらいたいですね。
  1. 2010/04/08(木) 15:44:16 |
  2. URL |
  3. ベル #-
  4. [ 編集]

re;

ベルさん、ありがとうございます。

もう小田急は鈍行ばっかり乗ってますので、あまり痛痒を感じない府中県道です。

川崎の人は都内へ出て行くのが楽なので、便利は都内で、地元は田舎でのんびり、とやってしまうので、ある意味良いとこ取りでズルイんですね。そんなわけで川崎生まれの人はあまり都心への執着が低いのだと思います。横浜に対しても旧緑区が隣接する地域の川崎市民は、横浜は大部分が田舎であるとの意識がありますしね。

鉄道というのはあまり位置が変わらないものですから、車窓の風景というのは今昔の違いを感じやすいですね。登戸―遊園間があまり変わっていないのは、開発が遅れたということもあるでしょうが、乱開発は新百合ヶ丘が一手に引き受けてくれたといって良いかもしれませんね。

狛江の水害はsei5さんも書かれているのですが、堰の爆破を思い出します。
登戸駅から僅かのところで、ドカーンと大音声ともくもく上がるキノコ雲。すごい歴史ですね。
  1. 2010/04/11(日) 11:49:15 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

川向こう意識・無意識

私は高校まではずっと川のこっち側でしたから、川崎や神奈川が東京よりダサいという侮蔑観に接することはないままに来てしまい、今に至るまで自分たちは「首都圏住民」という感覚で、「小田急沿線」や「東横沿線」は連続的に捉えていて、多摩川を「境」として意識したことはありません。おめでたいまま来てしまったということですね。

そう言えば東京下町育ちの叔母が「川向こうに住むなんてねぇ」と言ってたのが、その種の唯一の経験かも知れませんが、子供にはどういう意味だか分からなかったですわ。考えてみると同じく東京下町育ちのうちの親父はその種の「川向こう蔑視」を口にしたことは一度もなかったですねぇ。

しかし狛江側からわが丘陵を眺めた経験は一度もないことに気が付きました。
私には多摩丘陵は「只中で生きる」もので、遠望するとこうした人待ち顔のシルエットを描いてることを意識したことはなかったですね。お蔭様でちょっとした発見です。

自転車で多摩サイに行っても、子供の頃は水道橋を自転車で渡るのは抵抗あって向こう側に行ったことはなかったですね。二子橋は時々渡ったんですが。
現在は多摩川の東京側の土手にもサイクリング・コースがあるようですが、あれは昔からありましたっけ?

学校の遊び友達には三菱やニコンの社員の子が何人もいて、共に北部川崎産業の星という感じでしたね。先端軍事産業だった話も様々なニュアンスを込めてよく聞きました。当時ニコンの威光は大きく、ニコンの子の家に遊びに行くと、親父さんがプリズムの不良品を下さったりして眩しい思いで頂きましたね。

狛江堤防の決壊は中学生の時でしたが、対岸の堤防上に弁当持参で家族連れなぞが陣取り、家が流出すると拍手・歓声が上がったりする様が報道されて何ともやるせない気持ちになったもんです。
うちの親父も陣取ったわけではないにせよ見に出掛け家族も付いて行きましたが、私は抵抗感じて家に残ってました。
  1. 2010/04/15(木) 09:11:28 |
  2. URL |
  3. 故郷丘陵 #L8/DUzCs
  4. [ 編集]

「川向こう」とても侮蔑的で嫌な言葉ですね。こういった話題は誤解も生むかもと一瞬考えたのですが、たまには毒も盛ってみようかと・・。
一本の川を挟んでの住民の意識の違いは、近場に住んでいる人にはそれほど強いものではないかもしれません。かつては遊園のダイエーに狛江側からも結構な人が買い物に来ていた時代もあったようですから。

私が経験したのは、小学校の通学路が六本木や渋谷だったシティボーイ達と、多摩丘陵でレンジャー部隊のような生活をしていた自分がぜんぜんそりが合わなかったということです。
時は1970年代後半、高度経済成長の終焉とともに、東京が己を世界最高の国際都市と勘違いをし始めた時でした。沢田研二のTOKIOとかYMOとか東京賛歌の風潮が出て来た時期ですね。
そんな東京の街々から来る子供は、ちょっと背伸びしてポパイとかホットドッグプレスを読んだりして、
教室の話題は昨日はあの店行った、あの店の服買った、どこで喰ったばかり。うへー嫌なガキでしょ。それから10年ほどでバブルに突入ですが、とっくにバブルでした(笑)
まあ彼らは自宅から歩いてすぐ丸井だったりするわけで、俺の登戸の多摩百貨店じゃ全然勝てねーよ!!です(笑)

私も友達でキヤノンの下請けでレンズを作っている家がありまして、レンズ貰いましたよ。
ニコンは最近までは国道246津田山陸橋手前にニコン物流センターがあったのですが、土地は売られて住宅展示場になってしまいました。
そういった川崎に在った企業の栄枯盛衰みたいなものも追いかけてみたいのですが、多摩区にはあんまり企業ないんですよね。

小田急の成城学園前は今は地下駅になってしまいましたが、昔は成城の駅とそこからちょっと行った地点の車窓から、長尾神社の山がおどろくほど高く、近く見えて不思議だなーと常々思っていまして、それが今回の記事となっています。ただ撮影時間が悪く逆光でどれもボンヤリとしたものばかりでしたので、そのうちやりなおそうと思っています。では~。
  1. 2010/04/19(月) 23:55:02 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuchukend.blog123.fc2.com/tb.php/113-88b0a1b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

作者の件

府中県道

Author:府中県道
男性・会社員・中年
好物・とろろそば
作者の地元の神奈川県川崎市、向ヶ丘遊園から半径2キロ程度の非常に狭い範囲を記録しています。週一回は撮ろうとしていますが、最近は月2回が精一杯です。食には疎いのでグルメガイドにはなりえませんので御了承ください。

記事分類

記事分類・時系列

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

記事内検索

閲覧累計

紹介

ペンキ塗ってくれよ!柱が叫ぶ、思う!!追憶の遊園モノレールの本
ののぱりこ(著) 
「向ヶ丘遊園モノレール はしらのはなし」
文教堂 向ヶ丘駅前店で買えました。(2008/2/23現在、 レジ横に積んでありました。かわいいPOPが立ってました。)2010年現在は、多摩図書館はじめ川崎市立図書館にて読めますよ。

ののぱりこさん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。