稲田登戸界隈

川崎市多摩区周辺の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

暖冬模様 川崎市多摩区枡形7

今年も暖冬で12月に入ってもコートが必要でなく、紅葉の季節も随分とずれたものです。ということで紅葉見物にやってきました、地元の公園。前回コメントを頂いた方から>>東京滞在経験のある欧州人には、民家園がありますから・・と欧州でも一部では知られている「らしい」生田緑地です。ちょっと嬉しいですね。
2009_12_06001.jpg

噴水広場から登ってきてゴルフ場へ。
2009_12_06003.jpg

下は紅葉が奇麗でしたが、ここは躍動感のある緑がありました。
2009_12_06005.jpg

岡本太郎美術館の上あたりです。紅葉の盛りはちょっと、ほんの数日ほど逃してしまったようです。紅葉が見たい方は不動産屋ひでちゃんの登戸探検隊でどうぞ。
2009_12_06004.jpg

撮影日 2009年12月6日
スポンサーサイト
  1. 2009/12/09(水) 12:01:58|
  2. 川崎市多摩区枡形
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<新旧混合 川崎市多摩区中野島3 | ホーム | 買い物道 川崎市宮前区平2>>

コメント

さりげない紅葉に感動

地球温暖化、暖冬とは言え、今紅葉とは驚きです。
身近な公園のさりげない(と言ってもひでちゃんさんの写真で見るとまるで一幅の日本画ですね)紅葉の風景が嬉しいです。
欧州も暖冬ですが、こちらはせいぜい「黄葉」で日本のような鮮やかな紅葉はないですし。

生田ゴルフ場は昔は文字通り柵越しに覗くだけの別天地でしたが、今はゴルフ客でない市民でも散歩できる機会などはあるんでしょうか?
小中学生の頃は住民運動を支持基盤にしてた共産党がよく「不法に市に返還されないまま田中角栄などがゴルフをしている名門クラブで、敷地内には池もあり・・・」とか書いていて、地図を見ると確かにそのようなので、忌々しく思ったものでした。私は未だに一歩も足を踏み入れたことはなく、グリーンの只中の池の光景は幻のままです。

民家園は検索かけてみたら、欧語サイトもたくさんヒットしますね。

「秘密の日本」と称する仏サイト:
「東京近辺には珍しい落ち着け、興味深いスポット。室内にも入れるから脱ぎ易い靴を。入場料僅か500円。山菜そばなど伝統料理も大変安く、ランチ1000円以下」。
ttp://www.secret-japan.com/forum/tokyo-minka-en-t4.html

TouTubeに投稿された独写真モンタージュ:
「ああきれい。東京近郊で値ごろでお薦め度最高の遠足ポイント。登戸駅近く」なんてコメントが付いてました。
ttp://www.youtube.com/watch?v=GDDlHh8tyT8

さすがケチな欧州人、ちゃんと分かってるみたいですね。

仏個人ブログ
「東京から30分未満。但し「急行」「準急」「多摩急行」など電車が6種類もあるから、間違わなければの話だが」。
ttp://antonaujapon.wordpress.com/2009/10/29/minka-en/
いや私も先般帰国の折、遊園に止まらない急行ができていたのにはガ~ンでした。遊園閉鎖の影響はこんなとこにも及んだのかななどと。
  1. 2009/12/10(木) 12:54:51 |
  2. URL |
  3. 故郷丘陵 #-
  4. [ 編集]

Re: さりげない紅葉に感動

昨日はこちらは気温20度という暑い日でした。困ったものです。

ゴルフ場は川崎市に返還されてはいますが、一万数千円の料金を払わない者には、一歩も踏み入れることが出来ないのは今も同じです。共産党が噛み付いたのはもっともでしょうね。ゴルフ場は完全な閉鎖を要求される施設のため、この地域を完全に分断しています。道路を作れというのではないのですが、生田緑地へのアクセスが大幅に制限されているのは、市民公園としては宜しくないでしょう。専修大から初山までの地域が歩けたら、首都圏でも稀有な長距離林間コースとなります。何しろ面積では、旧向ヶ丘遊園地より大きいのですから。

欧州人の目で見た民家園というのも面白いです。サイト紹介有難うございます。
そういえば外国で紹介されているなぞ考えたことも無かったので、初めてみました。まあ東京に一まとめにされてしまっているのは愛嬌というか、川一つ越えるか、超えないかで大問題な話なぞは外国人から見れば「アホか、」ということでしょう。
民家園を「クール」という感覚に、再考させられます。今度ちゃんと見てこようかな。

遊園は完全に通過駅になってしまったのか、と住民にはショックですよ。その小田急は、新百合ヶ丘より向こう側への地域の投資はすごいものを感じます。少子高齢化で乗客は20年後は激減しますから、将来の乗客を沿線に増やさないといけないからでしょうか。遊園無き今、この生田緑地だけが観光で人が降りてくれるのですから、もっと魅力を増やすよう地元民も考えないとけません。
  1. 2009/12/13(日) 12:25:17 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuchukend.blog123.fc2.com/tb.php/107-dfd428c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

負けずに紅葉@生田緑地

一番綺麗な時期を逃してしまったので、先達には負けるが、頑張ってup。
  1. 2009/12/13(日) 16:29:57 |
  2. 無為に時を過ごす/二度出し御免

作者の件

府中県道

Author:府中県道
男性・会社員・中年
好物・とろろそば
作者の地元の神奈川県川崎市、向ヶ丘遊園から半径2キロ程度の非常に狭い範囲を記録しています。週一回は撮ろうとしていますが、最近は月2回が精一杯です。食には疎いのでグルメガイドにはなりえませんので御了承ください。

記事分類

記事分類・時系列

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

記事内検索

閲覧累計

紹介

ペンキ塗ってくれよ!柱が叫ぶ、思う!!追憶の遊園モノレールの本
ののぱりこ(著) 
「向ヶ丘遊園モノレール はしらのはなし」
文教堂 向ヶ丘駅前店で買えました。(2008/2/23現在、 レジ横に積んでありました。かわいいPOPが立ってました。)2010年現在は、多摩図書館はじめ川崎市立図書館にて読めますよ。

ののぱりこさん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。