稲田登戸界隈

川崎市多摩区周辺の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

街道 川崎市多摩区登戸3079

登戸30××番近辺。農家の旧家と昭和30年以降にに宅地として開発されたと思しき家々が立ち並ぶ地域。
shuku090815.jpg

迷路のように入り組んだ道。登戸駅からはそんなに離れていないけど、道がまっすぐ走ってないので地元民でないと迷うでしょうね。
shuku090815 (1)

宿河原交差点からダイエーに続く道。明治の迅速側図では登戸村のメーンストリートのように書かれている道です。明治時代はまだ南武線は無いので、現在は密集している登戸―宿河原間の沿線地帯には集落が無い。暴れ河多摩川の土手でもあり、住める場所ではなかったのかもしれない。
shuku090815 (3)

清宮建築前。数百年前は登戸村のなんとかさんが農作業で歩いてたり、武士とすれ違ったりしていたのでしょうか。
shuku090815 (4)

道の左側は登戸2900番台から宿河原二丁目。
shuku090815 (5)

所々に残る旧家。
shuku090815 (6)

倉が見事。
shuku090815 (7)

浅間神社前の小料理 おいらせ。ここを過ぎると皆さんお馴染のダイエーですね。
お盆のせいか人通りがほとんど無く、静かな登戸地区でした。
shuku090815 (8)

撮影日 2009年8月15日
生垣が見事。道に突き当たると清宮建築のあたり。2009年2月
nobori090815.jpg

宿河原2あたり。2009年4月
nobori0908152.jpg

住宅密集地にぽっかりと駐車場。2009年8月
shuku090815-10.jpg

ヤマザキショップ手塚店。旧手塚米店? 2009年8月
shuku090815-11.jpg
スポンサーサイト
  1. 2009/08/23(日) 11:21:44|
  2. 川崎市多摩区登戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<買い物道 川崎市宮前区平2 | ホーム | 登戸土地区画整理事業 2009夏 川崎市多摩区登戸2082>>

コメント

お待ちしておりました。

曲がる道と3000番地代ですね。お待ちしておりました。
私が見たかった景色です。ありがとうございます。
私が寒いときも、暑いときもよく歩いた道です。

浅間山の前は手塚米店だと思っていたのですが、今はないのですね。
うーん。やはり歩いてみたいですね・・・。

そういえば、先日旧友に会ったときに聞いた話です。

その彼が懐かしさもあって稻中のグランドを走って気がついた事なのですが、
「校舎は変わってしまったが、砂場の位置だけは40年前とかわっていない」
との事でした。さすが、元陸上部だったから気がついたのですね。
昔の事に思いを馳せるのは私だけではないようです。

以前書かせていただいた宿河原幼稚園の滑り台の位置とか、今回の砂場の位置
のように何となく場所が変わらないものってあるのですね。



  1. 2009/08/23(日) 23:52:13 |
  2. URL |
  3. 元住民 #-
  4. [ 編集]

お米屋さんは今

元住民さん、こんにちは。

この道は農家の家々がまだ残っていて、独特な雰囲気が漂っています。半分以上の建物はマンション型式になってはいますが、道から一歩中に入るとちょっと昔の雰囲気が残っているような。
手塚米店さんは、コンビニのヤマザキショップになっているようです。別の日ですがお米屋さんを含め数枚貼っておきます。

稲中の砂場というと、正門から入ってすぐだったでしょうか。私の頃は砂場の横に半分埋めたタイヤが並べてありました。そこに腰掛けると教師に怒られました。今も何故怒られたか分かりません(笑)。校舎もプールも変わっていますが、意外な物が変わらないのが面白いですね。
  1. 2009/08/25(火) 20:46:36 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

いゃー

驚きです。「宿河原2あたり。」の木造の建物私の記憶のままあるんですね。
あそこを通ると、昔は機械で藁の縄を作っている建物と聞いておりましたが、
いつもガタンガタンと機械音が聞こえておりました。ありがとうございます。

あの建物の向こう側に小さいお稲荷さんがあって、
そこで写した子供の私の写真をがあります。

私は遊園方向に遊びに行くときにいつも使ったのが、あの建物の横の道です。
あんこやからプリンスに向かう直線道路は、車も通り多くほこりっぽく
好きでなかったのです。昔あの先は田んぼと梨山でしたが私が
引っ越す頃にはかなり家が建ってきておりました。


砂場の件ですが、すみません。ちゃんと聞いておりませんでした。
私は校庭の奥にあると思って聞いていたのですが、そもそも
今の稻中を見ていないのでなんとお答えしてよいのか・・。
















  1. 2009/08/26(水) 01:37:27 |
  2. URL |
  3. 元住民 #-
  4. [ 編集]

お稲荷さん

お稲荷さんは今も御座います。その周りは若干の畑と梨園が残っていますので、元住民さんの記憶とかなり合致するのではないでしょうか。あの周辺が碁盤目に区切られたのは元住民さんが生まれたころですよね。昭和30年くらいでしょうか。
私もプリンスへのあの直線道路は昔から嫌いです。車は多い割りに歩道が狭く、また信号も多くて全然前に進めません。なので何時も一本横にそれて、碁盤目の道をジグザグに抜けています(笑)
  1. 2009/08/27(木) 23:08:32 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

それから・・。

こんばんわ、府中県道さん。

ストリートビューで見てみますと、生垣が見事なお宅が梨のお宅です。
いやー道沿いは木がうっそうと茂っておりまさしく50年前の景色そのままです。

道をはさんで昔は梨山だったのですが・・。

写真に写っているベージュ色の家のところが清宮さん(お店)ですね。
写真を撮られたところから例の道を横切り清宮建築を右に
見ながら狭い道を歩いていきますと、道が道なりに右に曲がっております。
その先を左折して、うーん、しばらく歩いていきますと、もうお分かり
と思いますが、私の写真の場所になります。たぶんまったく面影も
ないんでしょうね・・。色々懐かしくも、もう見れなくなってしまった
景色の事を考えると寂しい気持ちになってまいります。
  1. 2009/08/28(金) 01:06:38 |
  2. URL |
  3. 元住民 #-
  4. [ 編集]

こんばんは!

府中県道さんこんばんは!この辺りも自宅から近かったので懐かしく思い出しながら拝見してました。最後から5枚目の写真に移っている手塚米店と並びの角にあるクリ―ニング店はまだありますか(^-^)シュンシュン立ち上る湯気を横目にそこを曲がって公文に通いました。たしかもう少し先に行くと外にジュ―タンが並んだ仕入れ屋さんみたいなお家があった気がするのですが記憶違いでしょうか…清宮さんから先はほぼ忘れてしまいました。でも古いお家が並んでいたのは覚えがあります。
  1. 2009/09/02(水) 19:10:36 |
  2. URL |
  3. ゆ☆ま #-
  4. [ 編集]

絨毯

ゆ☆まさん、どうもこんにちは。

ジュータンのお店は私は気がつかなかったですね。どんなお店だったのでしょうか。
ちょっとこんど注意してみてみましょう。
何時の間にか夏が終わってしまい、今年は夏らしい風景があまり撮れませんでした。そしてもう秋、時が経つのが早くて嫌になってしまいます。

  1. 2009/09/03(木) 22:51:54 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

旧道発見

なるほどー。
宿河原から宿河原交差点を経てダイエーに行く道は、本屋めぐりなんかで自転車で通っていた道だったんですが、一本道の旧道だという意識はまったくありませんでした。

昭和30年代後半に五所塚から稲中へ抜ける子母口・宿河原線が通った後の道割りしか知りませんから、世話になった自転車屋さんのあった宿河原交差点から右へ行けば宿河原駅、左に行けば登戸駅と意識していました。
そう言えば宿河原交差点から登戸駅へ行く道も新道で、交差点からダイエー方面への分岐点(子供の私の頭では、ダイエーへの「分かれ道」は
「脇道」という感覚でした。)までだけは狭く湾曲していて、バスも徐行してましたねぇ。
交差点から宿河原方向も当然旧道の続きですよね?

宿河原駅入口交差点を通る府中県道の新線(「川崎街道」って言うんでしょうか)が通ったのはずっと後でしたね。

宿河原交差点から宿河原駅方向も登戸駅方向も道脇に梨園が多かったように思います。長十郎は大師河原原産らしいし、河沿いの沖積地は梨栽培くらいにしか使えなかったということでしょうか。

子供の頃、多摩川サイクリング・コースへ行くのに自転車を走らせると、宿河原交差点を過ぎて南武線の踏み切りの向こう、つまり二ヵ領用水から向こうは何か茫漠とした「地の果て」という感じでしたね。洪水跡地で、住めず耕せずの土地だったのかも知れませんね。

貴重な情報ありがとうございます。
今度は旧道であることを意識して、じっくり全道踏破してみます。
  1. 2009/12/26(土) 01:27:44 |
  2. URL |
  3. 故郷丘陵 #L8/DUzCs
  4. [ 編集]

re;旧道発見

故郷丘陵さん、こんにちわ。

いろいろ当時のことを書いて頂きまして、参考になります。
私は全ての道が出来てからの記憶しかありませんから、故郷丘陵さんの驚きの度合いよりすごいですよ。

> 宿河原から宿河原交差点を経てダイエーに行く道は、本屋めぐりなんかで自転車で通っていた道だったんですが、一本道の旧道だという意識はまったくありませんでした。

私も昔の航空写真を見て驚きました。ダイエー前からさらに生田方面へ続き府中街道に接続していたようですが、府中街道が高架となってからは極端に往来が減ったのではないでしょうか。
宿河原交差点から久地方面は稲小前を抜ける道が旧道かと思います。ダイエーから久地までは全線、比較的に昔の形が残っているようです。

宿河原の二ヶ領から向こうが茫漠たる地の果てに笑ってしまいました。でもその地の果てに行くのが冒険で楽しかったんですよね。
  1. 2009/12/29(火) 12:19:29 |
  2. URL |
  3. 府中県道 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuchukend.blog123.fc2.com/tb.php/105-08a1d94a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

作者の件

府中県道

Author:府中県道
男性・会社員・中年
好物・とろろそば
作者の地元の神奈川県川崎市、向ヶ丘遊園から半径2キロ程度の非常に狭い範囲を記録しています。週一回は撮ろうとしていますが、最近は月2回が精一杯です。食には疎いのでグルメガイドにはなりえませんので御了承ください。

記事分類

記事分類・時系列

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

記事内検索

閲覧累計

紹介

ペンキ塗ってくれよ!柱が叫ぶ、思う!!追憶の遊園モノレールの本
ののぱりこ(著) 
「向ヶ丘遊園モノレール はしらのはなし」
文教堂 向ヶ丘駅前店で買えました。(2008/2/23現在、 レジ横に積んでありました。かわいいPOPが立ってました。)2010年現在は、多摩図書館はじめ川崎市立図書館にて読めますよ。

ののぱりこさん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。