稲田登戸界隈

川崎市多摩区周辺の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小田急5000形が走った日々 川崎市多摩区枡形3

今日の新聞に小田急ロマンスカー10000形の引退記事が載って慌てた。今日は3月17日。
1月にロマンスカーと通勤電車5000形の引退の話を聞いて、何時か撮っておこう、
と思ったが天候が悪かったり、用事があったりと何時の間にかタイムリミットの16日が過ぎてしまっていた。

震災から一年の日、地震の時刻にはダイエー向ヶ丘店で館内放送にあわせて黙祷を捧げ、
電車を撮ろうとやってきたのは小田急陸橋の下。
ここは陸橋と線路に阻まれて、なんとも窮屈な空間だ。
20120311-0001.jpg

陸橋が出来るまでは、ここに踏切があり府中街道はここを抜けていた。
20120311-0002.jpg

かつての府中街道の面影がなんとなく分かるだろうか。明治から昭和まではこの左側には小さな商店街が形成されていた。この先には10年ほど前までは紀ノ国屋という料理屋があったが、今はマンションになっている。
20120311-0003.jpg

二ヶ領に掛かる橋はなんの変哲も無いコンクリ橋だ。風格を感じさせるのは銘版のみ。
20120311-0004.jpg

私が覚えている最も古い小田急の記憶は、正月の年始に横浜の親戚に行く時もの。
紺色の車体にオレンジのラインが入った電車だった。
まだ横浜線や御殿場線に蒸気機関車が走っていた私の幼少時代。山北からD52に乗ったことがある。
程無くして小田急はあのクリーム色の車体となる。5000形の顔の奴は私が一番乗った電車だ。
20120311-0005.jpg

私が小学生の頃は、あのガイコツ顔の奴(9000形)が走り始めた。斬新なデザインではあったが、あまり好きではなかった。小田急といえば、やはりあの顔の電車なのだ。
走り去るロマンスカーEXE。後ろの稲田登戸病院の跡地の工事は終わりましたね。
20120311-0006.jpg

何時まで待ってもこの日は10000形、5000形には逢えなかった。ちゃんとダイヤを調べてくるべきだった。
20120311-0007.jpg

あまりに垂直な護岸にされてしまった二ヶ領新川が痛々しい。
20120311-0008.jpg

撮影日 2012年3月11日




スポンサーサイト

テーマ:神奈川県川崎市 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/03/17(土) 22:18:25|
  2. 川崎市多摩区枡形
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

作者の件

府中県道

Author:府中県道
男性・会社員・中年
好物・とろろそば
作者の地元の神奈川県川崎市、向ヶ丘遊園から半径2キロ程度の非常に狭い範囲を記録しています。週一回は撮ろうとしていますが、最近は月2回が精一杯です。食には疎いのでグルメガイドにはなりえませんので御了承ください。

記事分類

記事分類・時系列

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

記事内検索

閲覧累計

紹介

ペンキ塗ってくれよ!柱が叫ぶ、思う!!追憶の遊園モノレールの本
ののぱりこ(著) 
「向ヶ丘遊園モノレール はしらのはなし」
文教堂 向ヶ丘駅前店で買えました。(2008/2/23現在、 レジ横に積んでありました。かわいいPOPが立ってました。)2010年現在は、多摩図書館はじめ川崎市立図書館にて読めますよ。

ののぱりこさん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。