稲田登戸界隈

川崎市多摩区周辺の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小田急ロマンスカー 川崎市多摩区登戸3528

登戸駅からロマンスカー10000系がゆっくりと走ってきました。
noborito090125 (1)

そこで新宿からのロマンスカー7000系と交差します。7000系はカラーが昔の塗装に直されているのは、NSEを見ているようで懐かしいですね。
noborito090125 (2)

どんな電車を見ても、電車はやっぱり小田急ロマンスカーがいちばんカッコいいと思うのは沿線住民故の贔屓でしょうか(笑)。まるで子供のようですが。
noborito090125 (3)

小田急は、日活や東宝の撮影所の近所を走るため、昔からロケでは実に多く登場します。1950年代~60年代は世田谷あたりが、若いサラリーマンが住む田園風景を残す郊外として描かれていますが、都市化の進展で70年代から登戸~百合ヶ丘あたりが郊外のロケ地としてよく登場するようになります。
noborito090125 (4)

小田急が出る映画の私のお気に入りでは、たまたま昨年見た東宝映画、司葉子主演、「妻という名の女たち」1963年、を挙げたく思います。司葉子のあまりの美しさにため息がでるのですが、夫(小泉博)と別れて生きる決意をした司葉子演じる「雪子」が小田急で実家に向かうラストシーンが印象的です。映画中盤のワンカットにロマンスカーNSEが駆け抜けていくカットもありなかなか楽しいのですが、DVD化されていないのが残念です。
noborito090125 (6)


撮影日 2009年1月25日
スポンサーサイト
  1. 2009/01/31(土) 11:47:14|
  2. 川崎市多摩区登戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

久地駅前 川崎市多摩区宿河原6

下綱(さげつな)周辺です。久地駅までぶらぶらと。
shukugawara090117 (5)

このビルがこんなに薄いとは気がつかなかった。一階は床屋さんが入ってます。
shukugawara090117 (6)

「あかいくつ」靴や傘の修理を行っています。夜はスポットライトの点灯でなかなか雰囲気のある看板に。
shukugawara090117 (7)

「グリルハウス ウッディ」もうこの界隈では老舗になりつつある洋食屋さんです。
shukugawara090117 (8)

向こうは新しいマンションが出来つつある。本当に人が増えた。
shukugawara090117 (10)

式部そば。田中米店と同じくこの界隈ではもっとも古いかな。
shukugawara090117 (11)

此処は電気屋さんでしたが・・、。
shukugawara090117 (12)

大地堂書店は昔は線路のこっち側、今のコンビニあたりに在りました。とても狭いお店でしたね。
shukugawara090117 (13)

久地駅前のお店はここ数年変わっていないようです。銀塩カメラマンには最後の砦、フジカラーパレットプラザ。最近は現像所が減ってしまって、ここに在ると頼もしいかぎり。がんばれ富士「写真」フイルム。そういえば年末掃除してたら、本棚から未開封の「森羅」が出てきたよ・・コニカよ・・。さくらカラーなんて知ってる人はもう居ないのだろうか。
shukugawara090117 (14)

近代化された久地駅。エレベーターはあるしトイレは綺麗だし、昔の久地駅は・・・特に国鉄時代の南武線を知る人には驚きです。
shukugawara090117 (15)

南武線で川崎に出て、野暮用をかたずけに行きました。
shukugawara090117 (16)


撮影日2009年1月17日
  1. 2009/01/28(水) 22:39:10|
  2. 川崎市多摩区宿河原
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

日本共産党川崎北部地区委員会 川崎市多摩区登戸1832

赤旗翻る共産党事務所。
ルールなき資本主義というわかりやすくシンプルなスローガンが良いですね。
noborito090112 (36)

最近の不況と労働者問題で俄然脚光を浴びる共産党ですが、
noborito090112 (40)

くれぐれも、飽きやすくてきまぐれなジャパニーズの
noborito090112 (39)

「きまぐれ」に振り回されないように。
noborito090112 (41)

隣の沖縄料理「忠兵衛」。強烈な青。
noborito090112 (43)

工事現場も意外とカラフルですが、後ろの家も。
noborito090112 (46)

柵のオレンジ。
noborito090112 (48)

塗りたての青。
noborito090112 (54)

撮影日 2009年1月12日
  1. 2009/01/14(水) 23:33:57|
  2. 川崎市多摩区登戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

作者の件

府中県道

Author:府中県道
男性・会社員・中年
好物・とろろそば
作者の地元の神奈川県川崎市、向ヶ丘遊園から半径2キロ程度の非常に狭い範囲を記録しています。週一回は撮ろうとしていますが、最近は月2回が精一杯です。食には疎いのでグルメガイドにはなりえませんので御了承ください。

記事分類

記事分類・時系列

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

記事内検索

閲覧累計

紹介

ペンキ塗ってくれよ!柱が叫ぶ、思う!!追憶の遊園モノレールの本
ののぱりこ(著) 
「向ヶ丘遊園モノレール はしらのはなし」
文教堂 向ヶ丘駅前店で買えました。(2008/2/23現在、 レジ横に積んでありました。かわいいPOPが立ってました。)2010年現在は、多摩図書館はじめ川崎市立図書館にて読めますよ。

ののぱりこさん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。