稲田登戸界隈

川崎市多摩区周辺の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冬の生田緑地 川崎市多摩区枡形7

川崎市の保育園や小学校の子供は、遠足や社会科見学で一回は此処に来ているでしょう。
ikuta081223.jpg

だが此処は地元のガキにとっては、2B弾を投げ合った戦場だったり、
ikuta081223 (005)

公園の敷地全部をつかった「どろけい」の捜査現場でした。(広すぎてゲームが成立しませんでしたが)
ikuta081223 (22)

昨日さんざん遊んだ場所に先生に引率され、かしこまって地層がどうのこうの、化石発見とかお勉強しても、面白くも何ともありません。しかも春の遠足は毎年ここですから、もう飽きちゃって・・。飯室山頂上にて。
ikuta081223 (34)

飯室山から稲田登戸病院へ降りる尾根道はここで閉鎖、更にこの先で金網によって強固にバリケードされている。
ikuta081223 (26)

行先表示板には、まだ堂々と「稲田登戸病院」と。でも良い字体ですね。
ikuta081223 (47)

飯室山から枡形山へ冬の木漏れ日を抜けてゆく。
ikuta081223 (53)

枡形山頂上。
ikuta081223 (64)

展望台からはいきなりアトラスタワーと対面する。ほぼ同じ高さに萎える。
ikuta081223 (69)

稲田登戸病院の跡地は今はこんな状態。ここに高いマンションが建つと、登戸市街の眺望は全滅。今が最後かもしれない。
ikuta081223 (70)

病院付属施設跡には白いテントが建って、中でなにか作業しているようです。
ikuta081223 (71)

新宿と間違えそうな、武蔵小杉の高層建築群。
ikuta081223 (74)

こっちは本物の新宿。
ikuta081223 (75)

山を降りて、古い友達のデゴイチに会う。奥に見える噴水は、友人のA君の渾身作「イ号潜水艦」の記念すべき進水式を執り行った「太平洋」です。さすが潜水艦だけあって、2度と浮き上がってきませんでしたが。
ikuta081223 (122)

呆然とするA君、大笑いする僕ら。挙句のはてに「爆雷」と称して石を投げ込み始めます。「止めろー」とA君の絶叫が生田の山に木魂しました。しかしこのような軍事がかった話題や遊びは、革新系の川崎市の学校では怒られました。酷いときはビンタも数発喰らいます。まあ先生が戦中派且つバリバリの共産党員だった場合限定ですが。時代ですね、今じゃ考えられません。
ikuta081223 (126)

川崎ローム斜面崩壊実験事故慰霊碑。岡本太郎美術館へ歩いて行く途中、かなりの人から「え、何があったの?」と話す声が聞こえました。若い子連れ世代や、新しい住民の方々はもう知らないようです。
ikuta081223 (128)

1971年、見ていたNHKニュースにその映像が飛び込んできました。丘の上からジャージャーと流される水。突然押し寄せる黒い影・・ガーババッと不気味な音と共に反転し消える映像。15人が亡くなった悲惨な事故は、この美しい公園で起きました。この3年後の狛江大水害と共に非常に記憶に残る事件です。
ikuta081223 (129)

当時のん気に遊ぶ僕らにとって、此処だけいちょっと重い場所でした。なので能天気なタロー像がちょっとチグハグに感じます。
ikuta081223 (132)

撮影日 2008年12月23日

スポンサーサイト

テーマ:神奈川県川崎市 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/12/28(日) 11:02:49|
  2. 川崎市多摩区枡形
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

農業用水路の道 川崎市多摩区登戸29××

ぐにゃぐにゃした道ばかりの多摩区では珍しいスカーと伸びた直線道路。昭和22年の航空写真では此処は小田急線路脇まで一面の田んぼですが、昭和38年には農地を区画整理したのか、この道が一本綺麗に通って、小田急側は農地も半分になって民家が並んでいます。右手下の暗渠化された農業用水の蓋が歩道となっているのは、多摩区のあちらこちらで見られる風景です。
20081213.jpg

道の突き当たり。ちょっと変わったデザインのマンションがお迎えです。
20081213 (1)

杉並区の不動産会社のエスカル向ヶ丘というマンションのようです。道路に面したところからは分かりませんが、かなり大きなマンションです
20081213 (2)

用水路はマンションの横を通っていて、どんどん住宅の中に入っていきます。
20081213 (4)

軒を掠めて。行き交う人が結構います。
20081213 (5)

最後は民家園通り商店街へ抜けることとなります。用水は向ヶ丘遊園の駅舎まで延びて線路下を抜けているようです。
20081213 (6)

エスカルマンションの近く。黄色いホルモンの字が目に沁みるなあ。
20081213 (3)

この界隈でで僅かに残った農地。
200812138(8).jpg

撮影日 2008年12月13日 [農業用水路の道 川崎市多摩区登戸29××]の続きを読む
  1. 2008/12/14(日) 00:50:25|
  2. 川崎市多摩区登戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

向ヶ丘遊園 跡地(3) 川崎市多摩区長尾2

また向ヶ丘遊園に来ています。眼下に登戸方面が見えます。
20081206.jpg

登戸ハイデンスが間近に。
20081206 (1)

春の頃は桜が美しかった場所。
20081206 (10)

回転ボートの水槽もかなり傷みが進みました。
もう子供達を乗せて回ることは二度とないのですからそれでも構いませんが。
20081206 (15)

桜の代りに紅葉が沢山有ります。
20081206 (14)

本当に花と緑の遊園地だったのですね。
20081206 (21)

ちょっと足を伸ばして、宮前区側の裏手まで。
20081206 (22)

この道を行くとおし沼を経て生田緑地へ降ります。
20081206 (23)

遊園地の反対側は雑木林と畑です。一瞬綺麗に見えますが、かなりの不法投棄が有るのが残念です。
20081206 (24)

延々と続くかのような尾根道。実に広大な敷地の遊園地だったことに今更ながら驚きます。
20081206 (25)


撮影日 2008年12月6日
  1. 2008/12/07(日) 00:22:10|
  2. 川崎市多摩区長尾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

作者の件

府中県道

Author:府中県道
男性・会社員・中年
好物・とろろそば
作者の地元の神奈川県川崎市、向ヶ丘遊園から半径2キロ程度の非常に狭い範囲を記録しています。週一回は撮ろうとしていますが、最近は月2回が精一杯です。食には疎いのでグルメガイドにはなりえませんので御了承ください。

記事分類

記事分類・時系列

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

記事内検索

閲覧累計

紹介

ペンキ塗ってくれよ!柱が叫ぶ、思う!!追憶の遊園モノレールの本
ののぱりこ(著) 
「向ヶ丘遊園モノレール はしらのはなし」
文教堂 向ヶ丘駅前店で買えました。(2008/2/23現在、 レジ横に積んでありました。かわいいPOPが立ってました。)2010年現在は、多摩図書館はじめ川崎市立図書館にて読めますよ。

ののぱりこさん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。