稲田登戸界隈

川崎市多摩区周辺の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

緑ヶ丘霊園 川崎市高津区下作延

津田山の緑ヶ丘霊園の展望?台。左に見えるは梱包用資材用の抜き型メーカー㈱田村工機。
20080830001 (7)

霊園と溝の口の眺めがよい。ヘビースモーカーの頃は、ここでよく一服楽しんだ
20080830001 (9)

此処に初めて来たのは73年頃か、買ってもらったばかりのピカピカの自転車で友達と来たのである。変速機がついてたから山坂を登りたかったのね。
20080830001 (10)

戦前からある霊園だが、この地区だけは拡幅の造成中だったようだ。現在は緑に覆われている崖も、当時は赤土が剥き出しだった。そして泥水が溜まったような黄色い水の大きな池があった。底は見えないし、柵も無かった。昭和42年頃まではこの地区一体がセメント会社の粘土の採掘場だったそうで、採掘跡に自然と溜まった水が池となったのかもしれない。

そして池のすぐ脇にはそこで溺れて亡くなった少年の親が立てた悲しい慰霊碑があった。
20080830001 (13)

現在の池は鉄柵とコンクリで四方を固め、伸び放題の草が覆う。
池は墓苑の区画を増やす際に大幅に埋められて、当時よりかなり小さくなっている。
これほど草に覆われるまでは、隣の旧帝国臓器製薬の工場からの配管が池に接続されていたのが見えていたから、池の管理主体はアスカ製薬かも?。
90年頃はのんびりと鴨が泳いでいた。
20080830001 (12)

大きな池に喜んで自転車を留めた僕たちは慰霊碑にすぐ気がついた。
池で何があったかは分かったし、少年も親の事も可哀想だねなんてしみじみ思った。でもやはり子供でそのあと無邪気にその辺で遊んだのですが。

ちょうど私が訪れた頃の空撮写真があった。池のすぐ側(下側やや左)に少年の碑がポツンと立っているのが判るかな?
tudayama1.jpg国土交通省「国土画像情報」(カラー空中写真)昭和49年。

その後の少年の碑は残念ながらいつものお決まりコースで、心霊スポットとして下世話な興味の対象となり、いい年した大人達までもが夜中にドンチャン騒ぎ、そして最後は心無い人々に破壊されてしまったようだ。そんな結末を知ると、なんとも言えない悲しい気分になる。
周辺住民も大変な迷惑だったろう。
20080830001 (11)

一部は、Towako Netaさんの「Rail Freights DB」古き良き鉄道貨物全盛期を偲ぶ、「津田山駅」を参考にさせて頂きました。http://blog.livedoor.jp/netatowako/archives/50590411.html

緑ヶ丘霊園は公園墓地で桜の名所でとても気持ちの良いところです。しかし広大な敷地もあって、ホームレスの人が住み着いたり、珍走がいたりとマイナス面が目立ったのか、午後7時以降は入園禁止となり、ゲートを施錠しています。まあ確かにいろんな人がいましたよ、私がもっとも憤ってしまったのは、ここで朝も夜も墓地用水道でマイカーを洗車する人達でした・・延長ホース持参で・・施錠大賛成です。
撮影日 2008年8月30日

あとがき―
ぶっちゃけ当ブログへの検索ワードのトップは、「登戸病院、心霊」だったりして凹みます。
稲田登戸病院は私にとっては思い出の病院ですが、彼らにとっちゃどうでも良いようです。
今の世の中、オモシロケレバなんでも好いって風潮は本当に嫌です。
実は他にも神奈川の心霊スポットで有名だったらしい神奈川県相模原市にあった「相模外科病院」は私の幼少期の近所の病院で、よく通っていたところです。
その地を離れてから暫くして病院は閉院となり、これまた取り壊しまでの間に心霊スポットで評判となり破壊の限りを尽くされたようです。
さて今回の緑ヶ丘霊園で神奈川心霊スポットを3つも制覇している作者ですが、今までに祟りも亡霊も見ておりません。もっとも心霊現象なんて全然信じません、というかそんなもの小学生以上で信じてる人は馬○でしょう。
そして人にとっては悲しいけど大切な場所を、下品な興味で壊しまくる心霊スポットマニアは大嫌いです。

スポンサーサイト
  1. 2008/08/31(日) 22:15:43|
  2. 川崎市高津区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

駅裏の不良 川崎市多摩区登戸2021付近

そいつはクラスじゃあまり目立たなくて、おとなしいやつだった。
顔だって10人前だったし。とても不良なんてもんじゃない。
2008_08020019.jpg

でも、高校から小田急で帰ってくると遊園の裏に一台の”SUZUKIハスラー”を泊めていて、
2008_08020021.jpg

チャッカとスタンドを上げ、バランバランという2ストの音を響かせ、「じゃあ」とニヤリと笑って、
2008_08020024.jpg

登戸の街をすっ飛んでいったね。
2008_08020025.jpg

急にあいつが不良で、しかも大人に見えて、うらやましかったなあ。
2008_08020027.jpg


撮影日 2008年8月2日

ひさしぶりの更新です。
実は、当ブログ?を閉鎖しようか暫し考えておりました。
というのも、GoogleMAPの「ストリートビュー」が8月5日から日本で公開されたのですが、
それを見たショック感からなのです。現在、同サービスが始まって日も浅く、ネット上は
Googleの姿勢に対し、賛否両論の状態ですが、私自身は非常に不快に感じてしまいました。
お前も同じことやってるじゃないか・・とツッコミされそうですが、【次回へ】









  1. 2008/08/23(土) 22:08:48|
  2. 川崎市多摩区登戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

作者の件

府中県道

Author:府中県道
男性・会社員・中年
好物・とろろそば
作者の地元の神奈川県川崎市、向ヶ丘遊園から半径2キロ程度の非常に狭い範囲を記録しています。週一回は撮ろうとしていますが、最近は月2回が精一杯です。食には疎いのでグルメガイドにはなりえませんので御了承ください。

記事分類

記事分類・時系列

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

記事内検索

閲覧累計

紹介

ペンキ塗ってくれよ!柱が叫ぶ、思う!!追憶の遊園モノレールの本
ののぱりこ(著) 
「向ヶ丘遊園モノレール はしらのはなし」
文教堂 向ヶ丘駅前店で買えました。(2008/2/23現在、 レジ横に積んでありました。かわいいPOPが立ってました。)2010年現在は、多摩図書館はじめ川崎市立図書館にて読めますよ。

ののぱりこさん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。