稲田登戸界隈

川崎市多摩区周辺の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

川崎街道沿い 川崎市多摩区長尾1

銀座山形屋(紳士服店)前から、マインマート。お酒ディスカウント。
2008_04260010.jpg


今は幻の「多満正宗」の名が残ってました。
2008_04260011.jpg



神奈川トヨタ登戸店前から、路地に入ります。
矢嶋荘 最近は随分と減った木造アパート。
2008_04260014.jpg


宿河原、長尾ともに昔の農地がそのまま宅地になったので、このような激狭の路地が多い。
2008_04260016.jpg


2007年に開発されたらしい住宅地。
2008_04260017.jpg


変電所があったのは知っていたが、なんの為の変電施設なのか不明だ。
2008_04260018.jpg


ネタ切れの危機・・・というか商店街は概ね撮影したので、当初の目的の一つでもあった住宅地を撮りはじめたが、帰って写真を見直すととっても退屈である。
記事としてまとめ難いったらありゃしない・・が、記録を標榜する手前、なんとかやりくりしていこうと思います。


撮影日 2008年4月26日
スポンサーサイト
  1. 2008/04/30(水) 23:30:29|
  2. 川崎市多摩区長尾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

玉川製紙㈱跡 イニシア向ヶ丘遊園 川崎市多摩区登戸2881

多摩川の伏流水で水が豊富だった多摩区では、明治大正期に紙すきが行われていた。
最後まで製紙業を営んでいた玉川製紙㈱は昨年工場を解体、跡地にマンションが建設中。
2008_04190006.jpg


車が離合できないほど狭かった道は拡幅。
ダイエーが隣だし駅まで歩いて、というか隣みたいなもんで利便性は極上だろう。
2008_04190009.jpg


地上7階のマンションの出現に向かいの民家もなんとなく所在無げ。
工場としては、レンガ作りのような古い煙突が真ん中にあって、工場というより「こうば」という感じだった。
2008_04190010.jpg



玉川製紙は工場は畳んでしまったが、会社組織としては解散していないようだ。もしかしたら不動産管理などを定款として存続している?のかもしれない。
2008_04190014.jpg


工事用の防壁の下あたりは、灰色の水渦巻くドブがあったが、蓋をして隠したのか見当たらない。
2008_04190015.jpg


70年代は二ヶ領用水の水が緑だったりどぎついピンクに染まっていたことが時々あった。
上流の製紙業の工場から排水が流れ込んだともの思うが、当時は公害があたりまえすぎて、
まったく驚かなかった。
現代の環境意識からは比べようもないほどの鈍感さだが、70年代はそういう時代だった。
2008_04190020.jpg


撮影日 2008年4月19日
  1. 2008/04/19(土) 23:41:02|
  2. 川崎市多摩区登戸
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

宿河原堰 鮎× マルタウグイの遡上 川崎市多摩区宿河原1

宿河原堰でちょっと人だかりがあるので覗いてみた。

2008_04120035.jpg


すると、鮎× マルタウグイがぴょんぴょん、
2008_04120041.jpg


と遡上しています。
2008_04120048.jpg


春の多摩川はのどかです。
2008_04120050.jpg



撮影日 2008年4月12日



  1. 2008/04/12(土) 23:50:35|
  2. 川崎市多摩区宿河原
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

二ヶ領用水の桜(2) 川崎市多摩区宿河原3

散り始めて4日ほどの宿河原の桜
宿河原橋
2008_04050022.jpg


ちょっと歩くと暑いほどの日差しだったが、木陰はさわやかだ。
2008_04050024.jpg


2008_04050026.jpg


2008_04050033.jpg


2008_04050039.jpg


撮影日 2008年4月5日
  1. 2008/04/06(日) 12:08:41|
  2. 川崎市多摩区宿河原

作者の件

府中県道

Author:府中県道
男性・会社員・中年
好物・とろろそば
作者の地元の神奈川県川崎市、向ヶ丘遊園から半径2キロ程度の非常に狭い範囲を記録しています。週一回は撮ろうとしていますが、最近は月2回が精一杯です。食には疎いのでグルメガイドにはなりえませんので御了承ください。

記事分類

記事分類・時系列

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

記事内検索

閲覧累計

紹介

ペンキ塗ってくれよ!柱が叫ぶ、思う!!追憶の遊園モノレールの本
ののぱりこ(著) 
「向ヶ丘遊園モノレール はしらのはなし」
文教堂 向ヶ丘駅前店で買えました。(2008/2/23現在、 レジ横に積んでありました。かわいいPOPが立ってました。)2010年現在は、多摩図書館はじめ川崎市立図書館にて読めますよ。

ののぱりこさん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。