稲田登戸界隈

川崎市多摩区周辺の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小田急5000形が走った日々 川崎市多摩区枡形3

今日の新聞に小田急ロマンスカー10000形の引退記事が載って慌てた。今日は3月17日。
1月にロマンスカーと通勤電車5000形の引退の話を聞いて、何時か撮っておこう、
と思ったが天候が悪かったり、用事があったりと何時の間にかタイムリミットの16日が過ぎてしまっていた。

震災から一年の日、地震の時刻にはダイエー向ヶ丘店で館内放送にあわせて黙祷を捧げ、
電車を撮ろうとやってきたのは小田急陸橋の下。
ここは陸橋と線路に阻まれて、なんとも窮屈な空間だ。
20120311-0001.jpg

陸橋が出来るまでは、ここに踏切があり府中街道はここを抜けていた。
20120311-0002.jpg

かつての府中街道の面影がなんとなく分かるだろうか。明治から昭和まではこの左側には小さな商店街が形成されていた。この先には10年ほど前までは紀ノ国屋という料理屋があったが、今はマンションになっている。
20120311-0003.jpg

二ヶ領に掛かる橋はなんの変哲も無いコンクリ橋だ。風格を感じさせるのは銘版のみ。
20120311-0004.jpg

私が覚えている最も古い小田急の記憶は、正月の年始に横浜の親戚に行く時もの。
紺色の車体にオレンジのラインが入った電車だった。
まだ横浜線や御殿場線に蒸気機関車が走っていた私の幼少時代。山北からD52に乗ったことがある。
程無くして小田急はあのクリーム色の車体となる。5000形の顔の奴は私が一番乗った電車だ。
20120311-0005.jpg

私が小学生の頃は、あのガイコツ顔の奴(9000形)が走り始めた。斬新なデザインではあったが、あまり好きではなかった。小田急といえば、やはりあの顔の電車なのだ。
走り去るロマンスカーEXE。後ろの稲田登戸病院の跡地の工事は終わりましたね。
20120311-0006.jpg

何時まで待ってもこの日は10000形、5000形には逢えなかった。ちゃんとダイヤを調べてくるべきだった。
20120311-0007.jpg

あまりに垂直な護岸にされてしまった二ヶ領新川が痛々しい。
20120311-0008.jpg

撮影日 2012年3月11日




スポンサーサイト

テーマ:神奈川県川崎市 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/03/17(土) 22:18:25|
  2. 川崎市多摩区枡形
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

春が来た 川崎市多摩区枡形6

専修大からの急坂を下りて来てちょっと脇に入ったところ。杭の道を上がって行くと他人様の畑のでしたので引き返します。ボンゴロボンゴロと耕運機の音がずっと続いていました。
masugata10030501.jpg


今日は気温が20度近くまで上がり、冬の気温に慣れた体には日向は暑く感じました。鬱蒼とした竹やぶの道を生田緑地のホタルの里へ降りていきます。
masugata100305002.jpg

谷戸の湿地帯です。この谷の真上は専修大学の校舎があるのですが、そんなことを感じさせない森の深さです。
masugata100305003.jpg

一匹のカエル君に会いました。じーっと何時までも動かないのは、日光で体を温めていたのかな。
masugata100305004.jpg



撮影日 2010年3月5日

  1. 2010/03/15(月) 20:24:24|
  2. 川崎市多摩区枡形
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東生田緑地から 川崎市多摩区枡形4

多摩警察から歩いて10分ほどで着く里山。最近は里山の見直しが全国あちこち盛んで、もう珍しいものではなくなった感もあります。
masugata100207.jpg

遊具も資料館も何も無い、唯の山がとても贅沢です。
masugata100207 (1)

タタンタタンと駆け抜ける小田原急行(旧名)。向こう側の丘は家がびっしり。
masugata100207 (2)


お稲荷さんはキツネですが、大明神というと幼い頃大好きだった「ごろはちだいみょうじん」のたぬきを思い出してしまいます。1969年の初版から未だに出版され続ける福音館の名作絵本です。幼稚園の子供がいるおかあさんには是非買って頂きたいですね。
masugata100207 (3)

この陸橋が出来た頃は一方通行の交差点で、車での通り方が解り辛く難儀しました。今は全方向の対面通行となっています。画面上は本家生田緑地の展望台です。
masugata100207 (4)

夕暮れ。多摩水道橋の右手に建設中のスカイツリーが見えていますね。
masugata100207 (5)

撮影日 2010年2月7日


  1. 2010/02/13(土) 00:39:06|
  2. 川崎市多摩区枡形
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

暖冬模様 川崎市多摩区枡形7

今年も暖冬で12月に入ってもコートが必要でなく、紅葉の季節も随分とずれたものです。ということで紅葉見物にやってきました、地元の公園。前回コメントを頂いた方から>>東京滞在経験のある欧州人には、民家園がありますから・・と欧州でも一部では知られている「らしい」生田緑地です。ちょっと嬉しいですね。
2009_12_06001.jpg

噴水広場から登ってきてゴルフ場へ。
2009_12_06003.jpg

下は紅葉が奇麗でしたが、ここは躍動感のある緑がありました。
2009_12_06005.jpg

岡本太郎美術館の上あたりです。紅葉の盛りはちょっと、ほんの数日ほど逃してしまったようです。紅葉が見たい方は不動産屋ひでちゃんの登戸探検隊でどうぞ。
2009_12_06004.jpg

撮影日 2009年12月6日
  1. 2009/12/09(水) 12:01:58|
  2. 川崎市多摩区枡形
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

世田道を西へ、東生田小学校 川崎市多摩区枡形4

世田谷街道(津久井道)を西へ向かうと、地元から隣町に入る感じになるのは私にとっては根岸陸橋を過ぎて東生田小学校前の歩道橋をくぐる時である。小学校を過ぎると世田道は坂となり、相模原台地を登りきるまではずっと上り下りを繰り返し、ほとんど平坦な場所は無い。登戸~宿河原ののっぺりした平坦地とは景色がガラリと変わるからだろうか。<根岸陸橋付近2月>
masu20090418000.jpg

西日を浴びてそびえる大企業の新社屋、ではなく川崎市立東生田小学校である。
昔の東生田小学校は五反田川沿いに建つ比較的こじんまりとした、白いコンクリの長方形の校舎だった。登戸小学校、稲田小学校とも同じ様な建物で昭和標準型といえようか。それが最近こうなった。
masu20090418001.jpg

旧校舎は平成19年に取り壊し、今年の2月に完成したそうだ。稲小も平成に入って建替えられていて、昭和型の校舎は登小、宿小だけ。<1月>
masu20090418002.jpg

モダンである。巨大な吹き抜けをもち、病院やホテルのよう。<完成間際の2月>
masu20090418003.jpg

町田方面から疲れ果てて帰ってくるとき、この小学校前を抜けると「あー帰ってきたよ」と思う。
masu20090418004.jpg

現在は仮校舎を取り壊し中だった。
masu20090418007.jpg

東生田緑地を近くに持つことから、自然教育にはもってこいですね。
masu20090418010.jpg

撮影日 2009年4月18日

かつての卒業生の方が旧校舎の思い出を綴ったサイトがありました。旧校舎への深い郷愁には同校に一度も足を踏み入れたことの無い自分ですが、共感を覚えました。
川崎市立 東生田小学校 旧校舎 訪問記
  1. 2009/04/18(土) 23:30:46|
  2. 川崎市多摩区枡形
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

作者の件

府中県道

Author:府中県道
男性・会社員・中年
好物・とろろそば
作者の地元の神奈川県川崎市、向ヶ丘遊園から半径2キロ程度の非常に狭い範囲を記録しています。週一回は撮ろうとしていますが、最近は月2回が精一杯です。食には疎いのでグルメガイドにはなりえませんので御了承ください。

記事分類

記事分類・時系列

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

記事内検索

閲覧累計

紹介

ペンキ塗ってくれよ!柱が叫ぶ、思う!!追憶の遊園モノレールの本
ののぱりこ(著) 
「向ヶ丘遊園モノレール はしらのはなし」
文教堂 向ヶ丘駅前店で買えました。(2008/2/23現在、 レジ横に積んでありました。かわいいPOPが立ってました。)2010年現在は、多摩図書館はじめ川崎市立図書館にて読めますよ。

ののぱりこさん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。