稲田登戸界隈

川崎市多摩区周辺の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

川向こうから見る我が街 東京都狛江市猪方4

さて今回は越境してお隣の東京都狛江市側から地元を見てみましょう。都民様からは川向こうと呼ばれる我が町川崎。
komae2010031401.jpg
バブル期の地価高騰の時代、元々都民の方が結婚なぞして家を買う為に、泣く泣く川崎に引越したりしますことをマジで「都落ち」と自嘲気味に称していた時代がありあした。

枡形山展望台、中和ビル、登戸のマックと直線に並ぶのが面白い。
komae2010031402.jpg
学生時代は一時期東京の学校に行っていた事もあり、一人ぼっちの川崎市民が多数の都民の中に紛れますと例えば明日が「都民の日」なぞは学校が休みになるのですが、教室中から「県民は休むなよ」と罵声が飛ぶのであります。

二ヶ領宿河原用水取水口。丘の上は長尾6丁目、通称長尾台住宅。
komae2010031403.jpg
都内の子供というのは親はド田舎出でも自分は生まれた時から都民なので、その選民意識にはすごいものがあります。

宿河原のマンションは随分と大きく見える。
komae2010031405.jpg
悲しいことに同じ都民でありましても町田から来ている子などは都民とは認めてもらえず、厚木の子と一緒にされ「小田急で神奈川に帰れ」と言われる始末。


意外とモダンな登戸駅。昔のスレート葺きのような貧相な駅ではないです。
komae2010031406.jpg
まあ、それぐらいの年頃のガキにとっては些細な事で騒ぎ立てるのが楽しいのであって陰湿な差別や虐めではないのです。軽口を叩く程度に「県民がー」とやるのですが、それでもやはり思春期の心には堪えましたね。

堰の魚道。
komae2010031407.jpg
そういう訳で今も多摩川を渡るたびに「おのれ~都民め。湘南の海にはオメーら来るな、箱根の保養地は神奈川のもんだ、丹沢なんざ一歩も入らせねーよ」とのたまってしまう自分がおります。

長尾神社脇の2本のメタセコイヤは結構遠くからも認識できます。
komae2010031408.jpg
就職や大学でこちらに来られた方にはあまり分からない感覚かもしれません。


画面中央に白く小さく、向ヶ丘遊園の大階段がお分かりになるだろうか。昔はその左手に観覧車があったのですけどね。
komae2010031410.jpg

津田山の三菱自動車。戦前は日本光学津田山工場で、戦艦大和、武蔵の15メートル測距儀を製作していた所です。カメラに詳しい人ならご存知ですが、現ニコンは元は三菱系の軍用光学機器の製造会社ですから、跡地が今は三菱であってもおかしくは無い訳ですね。
komae2101031409.jpg


撮影日 2010年3月14日
スポンサーサイト
  1. 2010/03/23(火) 01:53:40|
  2. 東京都狛江市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

作者の件

府中県道

Author:府中県道
男性・会社員・中年
好物・とろろそば
作者の地元の神奈川県川崎市、向ヶ丘遊園から半径2キロ程度の非常に狭い範囲を記録しています。週一回は撮ろうとしていますが、最近は月2回が精一杯です。食には疎いのでグルメガイドにはなりえませんので御了承ください。

記事分類

記事分類・時系列

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

記事内検索

閲覧累計

紹介

ペンキ塗ってくれよ!柱が叫ぶ、思う!!追憶の遊園モノレールの本
ののぱりこ(著) 
「向ヶ丘遊園モノレール はしらのはなし」
文教堂 向ヶ丘駅前店で買えました。(2008/2/23現在、 レジ横に積んでありました。かわいいPOPが立ってました。)2010年現在は、多摩図書館はじめ川崎市立図書館にて読めますよ。

ののぱりこさん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。