稲田登戸界隈

川崎市多摩区周辺の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

積乱雲 川崎市多摩区登戸1889

遊園駅東口から見上げると、夏の名残り、大きな積乱雲がありました。まだ9月ですから。
20120917-001.jpg

北口に廻って区役所通りの裏から。ぽっかりと一軒、また敷地が開いています。
20120917-002.jpg

この辺の区画整理は一旦は区切りがついたようです。そのうちここもマンションが建つのでしょう。
20120917-003.jpg

いつもの商店街。
20120917-004.jpg

撮影日 2012年9月17日
スポンサーサイト

テーマ:神奈川県川崎市 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/10/28(日) 23:48:59|
  2. 川崎市多摩区登戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

丸山教 川崎市多摩区登戸1274

前の記事で丸山幼稚園の卒園生の方からコメントを頂き、一度は撮ろうと思って丸山教へやって来ました。
20101110001.jpg

「教務本庁」が格式高い。
20101113002.jpg

登戸宿河原は古い町(村)なので、神社仏閣が多い土地です。農家の家々と社寺を中心とした街の雰囲気は、やはり独特の雰囲気があります。先日、所用で横浜のある新しい街へ行きましたが、果てしなく続く、山を崩して造った新しい街の味気なさはにはうんざりしました。長尾や生田も山を切り開いた街で既に40年以上を経過しましたが、未だに薄っぺらい感じは否めません20101113003.jpg

開放的な幼稚園。元気なガキ二人・・
20101113004.jpg

でも後ろにデカイのが建つ・・か。
20101113005.jpg

登戸交差点。一見広く見えますが、此処から逆方面は急に道が狭くなるのは、未だ変わらず。もうずっと昔から。
20101113006.jpg

米穀、和洋酒・・この界隈はひっそりとした感じです。
20101113007.jpg

撮影日 2010年11月13日
  1. 2010/11/17(水) 12:14:23|
  2. 川崎市多摩区登戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

農業地帯 川崎市多摩区登戸8×~

徹底的に市街地化された登戸も、世田谷街道から中野島側は農業の頃の形が随所に残っており、
nob100131002.jpg

空も広くて気持ちが良い地域です。
nob100131003.jpg

JAセレサ川崎の運営する「ふれあい農園」。
nob100131004.jpg

ある民家の門ではこわーい鬼が門を守っていました。
nob100131005.jpg

撮影日 2010年1月31日
  1. 2010/01/31(日) 23:11:35|
  2. 川崎市多摩区登戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

登戸土地区画整理事業 2010年正月 川崎市多摩区登戸1699

新聞販売店は移転済み。かつてはここにズラッとバイクが置かれていましたが。
20100102_002.jpg

コナカに抜ける道は消え、迂回路がつけられた。
20100102_003.jpg

旧津久井道は自動車は通行不可となり、人しか通れない。
20100102_004.jpg

真正面にお蕎麦の「さらしん」があった所。昨年そこで蕎麦を啜っていると、店主と常連が「移転先決まったかい?」「いやーいい所がねえ・・」などと聞こえてきたものでした。この位置から中和ビルがよく見えるも束の間か。
20100102_005.jpg

撮影日 2010年1月2日
  1. 2010/01/13(水) 22:21:15|
  2. 川崎市多摩区登戸
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

街道 川崎市多摩区登戸3079

登戸30××番近辺。農家の旧家と昭和30年以降にに宅地として開発されたと思しき家々が立ち並ぶ地域。
shuku090815.jpg

迷路のように入り組んだ道。登戸駅からはそんなに離れていないけど、道がまっすぐ走ってないので地元民でないと迷うでしょうね。
shuku090815 (1)

宿河原交差点からダイエーに続く道。明治の迅速側図では登戸村のメーンストリートのように書かれている道です。明治時代はまだ南武線は無いので、現在は密集している登戸―宿河原間の沿線地帯には集落が無い。暴れ河多摩川の土手でもあり、住める場所ではなかったのかもしれない。
shuku090815 (3)

清宮建築前。数百年前は登戸村のなんとかさんが農作業で歩いてたり、武士とすれ違ったりしていたのでしょうか。
shuku090815 (4)

道の左側は登戸2900番台から宿河原二丁目。
shuku090815 (5)

所々に残る旧家。
shuku090815 (6)

倉が見事。
shuku090815 (7)

浅間神社前の小料理 おいらせ。ここを過ぎると皆さんお馴染のダイエーですね。
お盆のせいか人通りがほとんど無く、静かな登戸地区でした。
shuku090815 (8)

撮影日 2009年8月15日 [街道 川崎市多摩区登戸3079]の続きを読む
  1. 2009/08/23(日) 11:21:44|
  2. 川崎市多摩区登戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
次のページ

作者の件

府中県道

Author:府中県道
男性・会社員・中年
好物・とろろそば
作者の地元の神奈川県川崎市、向ヶ丘遊園から半径2キロ程度の非常に狭い範囲を記録しています。週一回は撮ろうとしていますが、最近は月2回が精一杯です。食には疎いのでグルメガイドにはなりえませんので御了承ください。

記事分類

記事分類・時系列

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

記事内検索

閲覧累計

紹介

ペンキ塗ってくれよ!柱が叫ぶ、思う!!追憶の遊園モノレールの本
ののぱりこ(著) 
「向ヶ丘遊園モノレール はしらのはなし」
文教堂 向ヶ丘駅前店で買えました。(2008/2/23現在、 レジ横に積んでありました。かわいいPOPが立ってました。)2010年現在は、多摩図書館はじめ川崎市立図書館にて読めますよ。

ののぱりこさん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。